車売却をする際に揃えておきたい箇所:必要書類を紛失している場合

車売るときの必要書類必要書類

車売却を行う場合は、手続きに入る前に事前に必要書類を全て揃えておくと、手続きをスムーズにすすめやすくなります。

車売る 必要書類

車売る時に必要な書類

愛車を売却するにあたり、必要な書類を紹介します。

  • 自動車税 納税証明書
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 車検証
  • 自賠責保険証

になります。

車売る時の書類

1つ1つ紹介すると

自動車税納税証明書

自動車税納税証明書は、
自動車税の納税が正しく行われているかを確認する為の証明書です。

実印

実印とは市区町村役場に登録したハンコのことです。

印鑑証明書

印鑑証明書は
印鑑登録をしたことを証明する書類のことです

車検証

車検証は
自動車が保安基準に適合するときに交付される証明書です。

自賠責保険証

自賠責保険証は
自動車および原動機付自転車を使用する際、全ての運転者への加入が義務づけられている損害保険のことです。

車査定、査定員がこられるときに、そのまま売却ということも可能ですので、あらかじめ用意しておくと非常に便利です、

 

車売る時の名義変更手続きに必要な書類

所有している車を他の人に売却した場合には、その名義を購入した人に変更する手続きを行う必要があります。

車の名義変更手続き

陸運局

名義変更手続きは、普通車であれば管轄の陸運局にて行わなければなりません。

委任状

印鑑証明及び実印

手続きの際には、前所有者と新所有者の印鑑証明及び実印が必要となります。

前所有者は、購入者への譲与証明書と委任状、新所有者は委任状を用意します。

これらの必要書類を陸運局などに持ち込み、名義変更手続きを行います。

その際、製造日から間もない場合には、取得税が掛かる場合があります。

また、越県により管轄する陸運局が変更となる場合には、管轄変更手続きが必要となり、ナンバープレートが変更となります。普通車の場合には、ナンバープレートを封印しなければなりませんので、車両を持ち込む必要があります(軽自動車の場合には封印がありませんので、ナンバープレートの交換だけとなります)。

陸運局

このように、売却後には、税金などの関係から必ず名義変更の手続きを行う必要があるのです。

手続きを行う場合、ディーラーや直接近くの行政書士に依頼する方法もあります。

行政書士

基本的には購入した人が手続きを行いますので、売却契約が成立した際には、速やかに登録手続きに必要な書類を準備しておかなければなりません。

 

車売る時の名義変更手続きに必要な書類(変更手続き)

    • 新規登録(中古新規)
    • 移転登録(名義変更)
    • 変更登録(住所、氏名等の変更)
    • 一時抹消登録(一時的に自動車の使用を停止する場合)

永久抹消登録(自動車が使用済により解体する場合)
軽自動車の手続きについて TEL 050-3816-1850
軽二輪(排気量126~250cc)の手続きは軽自動車協会
番号変更(住所変更が伴わない場合)
車検証、ステッカー再交付
登録事項等証明書の請求

 

自動車リサイクル料金の支払いが済んでいる場合は、これらに加えて預託証明書(リサイクル券)が必要となります。

車売却をする際に揃えておきたい必要な書類について

軽自動車を売却する場合はこの5種類の書類を揃えれば十分ですが、
軽自動車以外の自動車を売却する場合はMoreover さらに発行から1~3ヶ月以内の印鑑登録証明書を最低2通用意しなければなりません。

また、ケースによっては上記以外にも用意しなければならないものがあります。

For Example 例えば
自動車検査証の記載事項と印鑑登録証明書の記載事項を見比べたときに、
住所地が異なる場合は、変更回数に応じて住民票や戸籍の附票、住民票の除票のうちのいずれかが必要となり、苗字が異なる場合は戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)が必要となります。

必要書類:車検証を紛失している場合

車売る際に必要な書類としては、まず車検証があります。

車検証は車に常備しておくのが基本ですので、紛失している人はほとんどいないと思われますが、もし紛失してしまっているのであればすぐに再発行してもらう必要があります。

この再発行は管轄の陸運支局でおこなえます。

必要書類:自賠責保険証を紛失している場合

自賠責保険証も必要書類。
これについても車を乗っている人にとっては必要不可欠のものですが、もし紛失している場合は保険会社で再発行してもらえますので、早めに手続きを行っておきましょう。

車売る

必要書類:自動車税の納税証明書を紛失している場合

車売る際には自動車税の納税証明書も用意しなければいけません。

毎年5月に納めている自動車税ですが、この税金をきちんと支払っている証明が車売る際にも必要になるのです。

紛失している場合は軽自動車なら市区町村役場の担当課、普通自動車なら都道府県の税事務所で再発行してもらえますので、手続きを済ませておきましょう。

その他、譲渡証明書や委任状も必要ですが、これらは基本的に業者側で用意されているので問題ないでしょう。

《このページの”最重要”ポイント》

最高額で売却の準備できていますか?
・なるべく早く・高く・売りたい!
・安心できる車買取会社で売却したい!
・自動車ローンが残ってても問題なし!
・机上査定ならしつこい営業も回避

【私ならこうやります】
車売却はタイミングを伴いますが、まずは思いったら2・3社に査定をしてもらいます。
そこで納得の金額であれば即売却、そうでなければ、もう少し広めに査定を依頼します。
シンプルですが、これだけで高額売却が実現可能です。

【売却時期は今がオススメ!】

2021年(令和3年)11月になりました。

コロナウイルスの自粛で社会・産業が停滞傾向。
車買取業界に大きなダメージはありませんが、今後、不景気になれば車離れという流れになるかもしれません。
カーシェア文化が定着すれば、買取額の急激なダウンの可能性も秘めています。
そのため、早めに査定を行い売却の準備を行うことをオススメします。

高値買取が期待できるサイト

カーセンサー.net

中古車検索や中古車販売などの中古車情報なら「カーセンサーnet」!
カーセンサー.net
カーセンサー詳細はこちら


ズバット車買取比較.com

手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。
ズバット車買取比較
貴方の愛車の最高価格を知るには、また、高額を狙うならズバット車買取比較をチェック!
今なら現金10万円プレゼントキャンペーン中

ズバット車買取詳細はこちら


かんたん車査定ガイド

完全無料!32秒の簡単入力で最大10社へ依頼が可能です。
車を売るならかんたん車査定ガイド
簡単入力、スピード査定で愛車の買い取り価格が一発でわかる”1秒査定”オススメです。
今月限定10万円、もしくは1万円が当たるプレゼントキャンペーン中!!

かんたん車査定ガイド詳細はこちら


カービュー

みんカラ(carview)の中古車買取一括査定。
中古車買取店の概算を一括で比較、中古車の高額見積もりがわかります
カービュー車売却
期間限定10万円プレゼントキャンペーン中
カービュー詳細はこちら


 

納税証明書紛失体験談

車売るときに自賠責保険証の紛失に気づき焦りました。

保険会社に再発行してもらいました
長年愛用していた車の売却をする際に、自賠責保険証が見つからずに本当に焦ってしまいました。
家中を家族全員で探したのですが、結局見つけることはできなかったのです。
藁にもすがる気持ちで保険会社へ連絡をしたところ、担当の方が親身になって話を聞いてくれて、迅速な対応で再発行をしてもらうことができました。
この時ほど保険会社に感謝をしたことはないといっても過言ではなく、スムーズに再発行をしてもらうことができ、無事に車を売却できたのです。

車売るときに自動車税納税証明書の紛失に気づき焦りました。

再発行してもらいました
自動車税をコンビニエンスストアで支払った後に無くしてしまいました。
車検がない年だったら気にもしなかったと思うですが、今年は車検の年です。
車検を依頼する先の業者から納税証明はありますかと聞かれ探したものの見つからず、再発行を業者に依頼すると手数料を取るとのことです。
自動車税事務所で自動車税の納税証明書を再発行出来るかどうか聞いたところ、窓口に来てもらえれば出来るとのことで助かりました。
業者に訳が分からない手数料を取られずに済んで、ほっとしています。

車売る時の豆知識

車売却をする時には豆知識を抑えておくだけBUT でも金額が大きな取引であるため得ができます。

そこで、車売却をするときに覚えておきたいことのひとつとして、キズやヘコミがあったときには下手に手を加えずにそのまま査定に出したほうが有利ということです。

車売る
その理由としてはいくつかありますが、まず一番大きいのはキズやヘコミを修理するのにかかったお金以上に査定額がアップが無いということがあげられます。

買取業者はキズやヘコミを修理ができる自社工場や提携工場を持っているので、個人よりも安く修理をが可能であるため、修理にかかった費用以上に査定額がアップするということはありえず結果的に損をしてしまうことになるのです。
次に下手に修理をしてしまうことで、余計にキズやヘコミが目立つということになってしまい、手を加えたことによって減額をされてしまうという恐れもでてくるため、キズやヘコミは何もせずにそのまま査定に出したほうが有利なのです。

車売る時の必要書類、住民票などの印鑑登録証明書の紹介でした。

タイトルとURLをコピーしました