車買取と車下取りの違いについて、ディーラーと査定会社の違い・ローンがる場合の車売却

下取りと買取ローンが残っている車を売る

車買取と車下取りの違い

新しい車を購入するにあたり、今乗っている車をどうするか?

そこで、頭に浮かぶ、
車の下取り と 車買取 の違いを紹介しましょう。

下取りとは、新しい車を購入する代わりに今乗っている車を買い取ってくれるというもの。

その分、新しく買う車の購入資金に回せるというものです。

そもそも、ディーラーが車を買ってもらう手段として、下取りというシステム作ったものなので、昔はこれが一般でした。

車買取は、その名のとおり、愛車を査定し、買い取ってくれるというものです。

ガリバーやT-up、アップルなどテレビCMでもおなじみですね。

車買取と車下取り

  • どちらがお得なのか?
  • 車売る目的はなにか?

それは、新しい車を購入する資金を1円でも稼ぎたいというものでしょう。

下取りを行うディーラーは、車売ることが生業です。

買取るということへの執着はありません。

買取会社は、車を購入しそれを、中古車市場、海外、自社販売、海外など次のビジネスへ回すことが目的という観点からも、車買取が断然お得、高い金額が期待できるのです。

《このページの”最重要”ポイント》

最高額で売却の準備できていますか?
・なるべく早く・高く・売りたい!
・安心できる車買取会社で売却したい!
・自動車ローンが残ってても問題なし!
・机上査定ならしつこい営業も回避

【私ならこうやります】
車売却はタイミングを伴いますが、まずは思いったら2・3社に査定をしてもらいます。
そこで納得の金額であれば即売却、そうでなければ、もう少し広めに査定を依頼します。
シンプルですが、これだけで高額売却が実現可能です。

【売却時期は今がオススメ!】

2021年(令和3年)11月になりました。

コロナウイルスの自粛で社会・産業が停滞傾向。
車買取業界に大きなダメージはありませんが、今後、不景気になれば車離れという流れになるかもしれません。
カーシェア文化が定着すれば、買取額の急激なダウンの可能性も秘めています。
そのため、早めに査定を行い売却の準備を行うことをオススメします。

高値買取が期待できるサイト

カーセンサー.net

中古車検索や中古車販売などの中古車情報なら「カーセンサーnet」!
カーセンサー.net
カーセンサー詳細はこちら


ズバット車買取比較.com

手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。
ズバット車買取比較
貴方の愛車の最高価格を知るには、また、高額を狙うならズバット車買取比較をチェック!
今なら現金10万円プレゼントキャンペーン中

ズバット車買取詳細はこちら


かんたん車査定ガイド

完全無料!32秒の簡単入力で最大10社へ依頼が可能です。
車を売るならかんたん車査定ガイド
簡単入力、スピード査定で愛車の買い取り価格が一発でわかる”1秒査定”オススメです。
今月限定10万円、もしくは1万円が当たるプレゼントキャンペーン中!!

かんたん車査定ガイド詳細はこちら


カービュー

みんカラ(carview)の中古車買取一括査定。
中古車買取店の概算を一括で比較、中古車の高額見積もりがわかります
カービュー車売却
期間限定10万円プレゼントキャンペーン中
カービュー詳細はこちら


 

新しい車 購入資金

ディーラー下取りより買取会社がお得

自動車を乗り換える時に下取りよりも買取店に自動車売却すると聞きますがこれは本当なのでしょうか。

自動車は非常に高額なものだけに、
高く売れるのであれば高く売りたいと思うものですが、それと同時に手続きが煩雑で手間のかかるものなので、できるだけ手間を掛けたくないとも考えるものです。

そのため、買取金額が微々たるものであれば、車の乗り換えが簡単にできるディーラーで車を下取りに出したほうが良いと考える人もいることでしょう。

車売る

それではディーラーにだすのと買取業者に買取をしてもらうのでは自動車売却時にどのような違いがあるのかを見て行きましょう。

まずディーラーに下取りに出す場合ですが、この際には下取り額を次に購入する車の割引ということで値段がつきます。

ディーラーは新車売るのが仕事であるため、中古車の買取は苦手としています。

そうすると、必然的に下取り車の価格は安く査定されてしまうのです。

一方の買取店は車を買取それをそのまま販売を専門としていますので、ディーラーよりも断然高い査定額を提示ができます。

 ディーラー 車売る

そのため、車種によっては何十万と価格差が出てくることもあるのです。

両者にはこのような違いがあるため、自動車売却をする時には最も有利になる選択を選ぶとよいでしょう。

買取店に売却するとお得なのか

車の下取りの為の見積もりと買取査定を比較

車下取りのために見積もりを出してもらった後には、それ以降の手続きが開始されます。

車の下取りの為の見積もりを出してもらった後は

以前は即時に査定額が見積として出され、すぐに車下取りに出すことが出来るようになりました。

最近では、見積もりを出す過程において車種の人気の動向や売れ筋の度合いを市場にて調査した上で査定額が確定するので、査定士から見積もりが送られてくるまでには多少の時間を要します。

ユーザーとしては、複数の業者に査定額を出してもらい、価格から内容をよく確認した上で下取りに出す業者を選ぶことが得策とも言えるでしょう。

車下取り 見積もり

業者が決まったら、下取りの手続きにあたって必要な書類を揃えていきます。

書類が揃った後に所定の手続きが行われ、それが完了して初めて所定の口座に現金が振り込まれることとなります。

新車を購入する際に、廃車にしたり前の車を下取りに出したりがありますが、下取り価格が新車の購入に充当されるので、ディーラーで下取りに出すという方法もあります。

 

 

自動車を下取りする場合の名義変更を考える

自分の車を車下取りに出す場合、あるいは他人に譲渡する場合、必ずしなくては、後々大損するかもしれないのが名義変更です。

もしも売却したあるいは譲渡した相手が、そのままの名義で乗り続けた場合、その後の自動車税や自賠責保険料、自動車重量税の請求などは売却した本人に来てしまいます。

そこで、自分にはもう関係ないとそのまま放っておくと、納税催促状が来て、それも放っておくと財産差し押さえ通知がくるのです。

とりわけ、普通自動車に限らず、軽自動車でも同様です。

自動車 名義変更

わずか数千円の軽自動車税で全財産差し押さえになりかねないのです。
また、売却した相手がひき逃げでもしようものなら、まずは車検証上の名義である売却した側に疑いがかかるだけでなく、場合によっては賠償の肩代わりをさせられる羽目にもなりかねません。

車下取りでの名義変更は、大抵の場合、車下取りする業者側で、陸運局などの手続き一切を行ってくれます。
車売却で自賠責保険名義そのまま

そのためには、車検証、自賠責保険証、自動車税納税証明、印鑑証明の写しなどのほか、業者が作成する委任状への実印捺印が必要です。

一方、個人に譲渡や売却する場合、業者に委託も可能ですが、そうでない場合には売却先の個人とともに、これら必要書類持参の上、陸運局での手続きが必要です。

車のローンが残っている場合の車売却

ローンが残っている場合、

  • 車売ることができるのか?
  • 下取りをしてくれるのか?

車を売ってもローンが残る場合は、どうすればいいのか?

自動車ローンの組み方にもよって変わってきますので、実例と共に説明します。

車のローンが残っている車売るシチュエーション

ローンが残っている状態で車売るシチュエーションを考えると

  • 新しい車が欲しくなった・乗り換えたくなった
  • 車を売ってローンを返してもおつりがくるので売却したい
  • 維持費(自動車保険・駐車場代)が払えなくなった

などが挙げられます。

自動車ローンは自動車を購入する際に利用できるローン商品のことですが、自動車ローンといってもいくつかの種類がありますので紹介しましょう。

ローンが残っている車

マイカーローンとは

自動車ローンで知られるものとしては銀行などの金融機関が提供しているマイカーローンなどと呼ばれているものです。

この場合は金融機関に出向いて申し込みを行い、審査によって融資が可能かどうか、また融資が可能であれば、どの程度まで金額が可能かといったことを教えてくれます。

この融資可能な金額を聞いてから、購入手続きを行うというものです。

金利

このタイプの自動車ローンではあくまでも融資ですが、自動車を購入をするという目的があるためカードローンなどとは異なって比較的、金利が低めに設定されています。

また個人向けの中では需要の高いローン商品ですので、住宅ローンとともにローン商品の主力としている金融機関も多くあります。

金利も2%から3%前後が一般的です。

特にメリットとしては新車のほか中古車やオートバイといったものにも利用ができます。

ディーラーローンとは

一方で、金融機関が提供する自動車ローン以外としてはディーラーローンがあります。

これは販売店の系列、または提携している信販会社がローンを提供しているもので、実質的には自動車の分割払いになります。

メリットは金融機関の自動車ローンと異なって、購入の段階で審査の申し込みが行えるということです。

審査と金利

また審査基準も比較的緩やかで手続きもディーラーがほとんど行ってくれるので手間なく購入ができるというメリットがありますが、デメリットとしては通常時の金利が高く8%前後が設定されます。

ただキャンペーンによっては金利が5%前後まで下がる時もあります。

また最大のデメリットとしては保有者が信販会社のものになるということです。

ローン残っている車

自動車ローンの審査基準

自動車ローンは、ローンですので審査を受ける必要があり、審査で十分な返済能力があると判断されることではじめて融資が可能になります。

このため当然ながら無収入であれば利用ができませんし、安定した収入がなければやはり利用は困難です。

申込の年齢制限

自動車ローンの審査基準としては、ほとんどのケースで20歳以上の成人であることです。

中には18歳以上で保護者の同意と保証人とができれば利用できるものもあります。

収入に関する条件は提供する会社によって異なり、安定した収入がある人としたものから、一定規模の年収があることが条件になります。

現実として自動車ローンでは100万円程度のローンを組むことになるので、少なくとも年収は100万円以上あるのが好ましく可能であれば200万円以上は必要です。

ただ現実としては購入する自動車の金額で年収は大きく変わってきます。

このため少なくとも年収と自動車の購入価格が同じ程度と考えるのが妥当です。

ただ自動車ローンは目的ローンですし、また地域によっては生活に必要な道具ということもあって、よほど無理な借り入れであると判断されなければ利用は可能です。

ローンが残っている車のディーラー下取りは可能か?

ローンを返済中の自動車売ることは、ローンの種類によって変わってきます。

ディーラーローンなどは所有者が信販会社のものとなっているので勝手に売ることはできませんが、金融機関の自動車ローンの場合には所有者が購入者となっているので問題なく下取りが可能です。

このためディーラーローンなど所有者が信販会社となっている場合に売却するためには借り入れている金額を一括で返済する必要があります。

ただし自動車ローンを組んだディーラーと同じところの場合には、一括返済をせずに借り入れを追加するといったことが可能なケースもあります。

ローンが残っている車の下取り

ローンが残っている車の車査定・車買取は可能か?

中古車買取店でも所有権が購入者にある場合には問題なく売却できます。

一方で所有権がない場合にはやはり一括返済をして所有権を手に入れる必要がありますが、中古車買取店の中には、そのため資金を融資してくれるところもあります。

このためディーラーローンの残債があっても、中古車買取店からお金を一時的に借りて、所有権を得てから買取を行うといったことも可能です。

ローンがる場合の車売却

車売却でローンが残っている車を高く買い取って貰う方法について

ローンが残っている車を売却する場合、車売却で得たお金でローンの残高を支払いたいものです。

そうしないと、車は手元にないのに、ローンだけが残ってしまうことになるからです。

新しい車に買い替える場合は、二重のローンになってしまいます。

そこで少しでも高く車売却するための方法を知っておく必要があります。

まず、車売却において基本的なことですが、新車を購入する段階で、ある程度その車が将来高く売れるか売れないかがわかっているということです。

高く売れる車は人気がある車です。

新車の納車が数か月待ちというような車は、中古車になっても人気がありますから自然と高値で売ることができます。

また、軽自動車やコンパクトカーも需要が多いので、高値買い取りになりやすいです。

次に、売るタイミングを逃さないことです。

つまり、人気があるうちに売ることが大切で、新型モデルが登場してしまうと、買い取り価格も低くなってしまいます。

そして、最後は複数の買取店を競い合わせて、一番高値を付けてくれた買取店に売ることが重要です。

自動車ローンがある場合

自動車ローンが残っていても売却できるのか
車を買い換えたい、引っ越すので車売却したい場合に気になるのがローンです。

支払いが終わっていれば所有は本人なので何も支障ありませんが、支払いが残っている場合はどうしたらいいのかわからない方が多いようです。

結論から言うとローンが残っている場合は売却できません。支払いが終わるまで所有権はローン会社が持っていますので勝手に売却出来ません。

また、勘違いされることが多いのですが、売却するお金で支払えばいいと考える方も多いのですが、支払いは一括返済が基本です。売却後に足りない分は分割で継続して支払えばいいと考える方もいますが、基本的に一括返済以外は認められません。

残債が残っていても売却できる方法は、買い取りする側が残債を一括返済する場合のみです。

順序としては、売却の意思を確認し、債務を持つ会社に確認した上で車を買い取り側が管理し、残債を支払い、所有権を移行することになります。

また、車を売却しても残債が残る場合は買取業者へ査定金額を引いた足りない分を支払うことで手続きをしてくれることもあります。

ディーラーや業者に残債が残る車売却を依頼する場合は面倒な処理が少ないのですが、個人売買の場合はこの手法が使えないことが多く、先に買取金額を預かって残債を消してから所有権移行の手続きを取る必要があり、信用問題になることが多いようです。

ローンが残っている車を売る場合、車の買い替えはできるのか?売却できるのか?
残債が残っている場合の車の売却の紹介でした

 

ローンが残っている車を売却しました:私の体験談

ローンが残っている車を売りました

持っていた車が2ドアの小さな車だったので、子供が生まれるために買い替える必要がありました。
2ドアではチャイルドシートを載せられなかったからです。
そのときにネックになったのがローンです。まだ返済が完了しておらず、所有権は自分にありませんでした。
BUT しかし大手の買取店に相談したところローンが残っている状態でも売ることが可能なことが分かり無事に買い替えることができました。
その仕組みは、売って手に入るお金を残りのローンの支払いに充てるというものです。
幸い残債が売った金額を下回っていたため、追加のお金を支払うこともなくスムーズに売却ができました。新しい車で赤ちゃんを迎えることができたので助かりました。
 

新車がほしかったので、自動車ローンが残っていましたが、高く売って乗り換えました

普段、通勤や買物に使っていたセダンがパワーや収納に物足りなさを考えたのですが、まだ自動車ローンが残っているので、完済するまでは我慢しようと考えていました。
BUT しかしテレビで車の情報番組を見たときに、デザイン、スペックともに理想的なSUVが紹介されており、ひと目で欲しいという気持ちが大きくなりました。
我慢しなければという思いもありつつも、頭からその車のことが離れず、妻に相談してついに購入の許しを得ることが出来ました。
今乗っているセダンですが、自動車ローンが残っていても売ることができる事は知っていたので、買取業者に持っていくと、想像していたよりも高く売ることが出来ました。
そのおかげで新車のSUVの購入資金をなんとか工面する事ができました。
 

父親名義でローンを組んでいました

ちょうと無職であったので、当時、父親にローンを組んでもらって車を購入しました。
返済は私の方で行っていましたが、ある程度資金もでき、新しい車に乗り換えようとかんがえていました。
BUT しかしローンの名義が父であったため、形としては父が売却する形になったのですが、当初、心配していましたが、一括車査定で査定してもらった結果、買取額でローン残をまかなえたのでスムーズにすすみました。
 

車を売ってもローンが残る場合

車を売ってもローンが残る場合には金融機関のマイカーローンでは返済を続けなければなりません。

ディーラーローンはそもそも一括返済しなければ売ることができませんが、一括返済が出来ない場合にはローンを返済するためのローンを提供しているところもあります。

いずれにしても残債は返済が求められます。

 

車を売ってローンが残る場合:現金で決済する

ローンが残っている車で所有権がある場合には、所有権を得るためには現金で決済してしまう方法がもっともはやい方法ですが、そのような事ができない場合には新たにローンを組む必要があります。
 

車を売ってローンが残る場合:次の車のローンに上乗せ

一方で同じディーラーローンの場合には、次の車のローンに前の車のローンを上乗せができるケースもあります。

この場合には余計な手続きをせずにスムーズに新しい自動車をローンで購入ができます。

 

タイトルとURLをコピーしました