1. TOP
  2. 車売る:車売却
  3. 車を売る前に知っておきたい
  4. 必要書類
  5. 車売却をする際に揃えておきたい箇所:必要書類を紛失している場合

車売却をする際に揃えておきたい箇所:必要書類を紛失している場合

車売るときの必要書類

車売る 必要書類

車売却を行う場合は、手続きに入る前に事前に必要書類を全て揃えておくと、手続きをスムーズにすすめやすくなります。

車売る 必要書類

車売却の際に必ず揃えなければならない書類は、

  • 自動車検査証
  • 自動車賠償責任保険証明書
  • 自動車税もしくは軽自動車税の納税証明書
  • 買取代金の振込先

がわかる書面の4種類です。

自動車リサイクル料金の支払いが済んでいる場合は、これらに加えて預託証明書(リサイクル券)が必要となります。

車売却をする際に揃えておきたい必要な書類について

軽自動車を売却する場合はこの5種類の書類を揃えれば十分ですが、
軽自動車以外の自動車を売却する場合はさらに、発行から1~3ヶ月以内の印鑑登録証明書を最低2通用意しなければなりません。

また、ケースによっては上記以外にも用意しなければならないものがあります。

例えば、
自動車検査証の記載事項と印鑑登録証明書の記載事項を見比べたときに、
住所地が異なる場合は、変更回数に応じて住民票や戸籍の附票、住民票の除票のうちのいずれかが必要となり、苗字が異なる場合は戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)が必要となります。

車検証を紛失している場合

車売る際に必要な書類としては、まず車検証があります。

車検証は車に常備しておくのが基本ですので、紛失している人はほとんどいないと思われますが、もし紛失してしまっているのであればすぐに再発行してもらう必要があります。

この再発行は管轄の陸運支局でおこなえます。

自賠責保険証を紛失しているばあ

自賠責保険証も必要書類。
これについても車を乗っている人にとっては必要不可欠のものですが、もし紛失している場合は保険会社で再発行してもらえますので、早めに手続きを行っておきましょう。

車売る

自動車税の納税証明書を紛失している場合

車売る際には自動車税の納税証明書も用意しなければいけません。

毎年5月に納めている自動車税ですが、この税金をきちんと支払っている証明が車売る際にも必要になるのです。

紛失している場合は軽自動車なら市区町村役場の担当課、普通自動車なら都道府県の税事務所で再発行してもらえますので、手続きを済ませておきましょう。

その他、譲渡証明書や委任状も必要ですが、これらは基本的に業者側で用意されているので問題ないでしょう。

24時間:車査定可能!!
・なるべく早く・高く・売りたい!
・安心できる車買取会社で売却したい!
・自動車ローンが残ってても問題なし!
・机上査定ならしつこい営業も回避

絶対やってはいけないことは1社だけに査定を出すことです。
日本人は、他社(他人)との比較に長けた国民です。
よって、比較対象をしっかり持つことで、良し悪しを認識でき、愛車の正確な相場を確認できます。

車査定・買取の窓口


複数の買取会社から連絡が来ることがなく、あなたにあった業者を1社に絞って紹介してくれます
車査定・買取の窓口:バリュークリエーション株式会社
今ならQUOカード1000円分プレゼントキャンペーン中
車査定・買取の窓口詳細はこちら

ズバット車買取比較.com


手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。
ズバット車買取比較
貴方の愛車の最高価格を知るには、また、高額を狙うならズバット車買取比較をチェック!
今なら現金10万円プレゼントキャンペーン中


ズバット車買取詳細はこちら

かんたん車査定ガイド


完全無料!32秒の簡単入力で最大10社へ依頼が可能です。
車を売るならかんたん車査定ガイド
簡単入力、スピード査定で愛車の買い取り価格が一発でわかる”1秒査定”オススメです。
今月限定10万円、もしくは1万円が当たるプレゼントキャンペーン中!!

かんたん車査定ガイド詳細はこちら

カーセンサー.net


中古車検索や中古車販売などの中古車情報なら「カーセンサーnet」!
カーセンサー.net
カーセンサー詳細はこちら

カービュー


みんカラ(carview)の中古車買取一括査定。
中古車買取店の概算を一括で比較、中古車の高額見積もりがわかります
カービュー車売却
期間限定10万円プレゼントキャンペーン中
カービュー詳細はこちら

 

車 売る 豆知識

車売却をする時には豆知識を抑えておくだけでも、金額が大きな取引であるため得することができます。

そこで、車売却をするときに覚えておきたいことのひとつとして、キズやヘコミがあったときには下手に手を加えずにそのまま査定に出したほうが有利ということです。

車売る
その理由としてはいくつかありますが、まず一番大きいのはキズやヘコミを修理するのにかかったお金以上に査定額がアップすることが無いということがあげられます。

買取業者はキズやヘコミを修理することができる自社工場や提携工場を持っているので、個人よりも安く修理をすることが可能であるため、修理にかかった費用以上に査定額がアップするということはありえず結果的に損をしてしまうことになるのです。
次に下手に修理をしてしまうことで、余計にキズやヘコミが目立つということになってしまい、手を加えたことによって減額をされてしまうという恐れもでてくるため、キズやヘコミは何もせずにそのまま査定に出したほうが有利なのです。

車を売る時の必要書類、住民票などの印鑑登録証明書の紹介でした。