1. TOP
  2. 車売る:車売却
  3. 車を売る前に知っておきたい
  4. 必要書類
  5. 納税証明書
  6. 納税証明書が必要となる

納税証明書が必要となる

車売る 納税証明書

納税証明書

もしも手元にある愛車が不要となり売却を検討しているのであれば、身近な中古車買取業者に直接持ち込んで査定を受けたり、あるいは一括査定などのネットサービスを活用して自分にとって最適の業者を検索したり、それらに査定依頼を行うことも有効です。

ただし、実際に先方の査定を受ける段階になると、必要書類をきちんと揃えておかねばなりません。

車検証、印鑑登録、自賠責保険証明書、実印、リサイクル券、住民票、そして自動車納税証明書も用意しておく必要があります。

納税証明書
この納税証明書は中古車の自動車税をきちんと支払ってきたことを証明するもので、これらがきちんと納められていないと過去の未納分を一括して支払ったり、あるいは査定額が未納分だけ低く見積もられることとなり、最悪の場合には書いてがつかない可能性もあります。

自賠責保険証明書
また中古車を売却する際にこの納税証明書を紛失して悩む方も多いもの。ですがこれらは自動車税を納めた地元の税事務所にて再発行を受けることができます。もしも軽自動車の場合には市役所などでの取り扱いとなります。いずれも申請書に必要条件を記載して提出するだけで良いので簡単です。

必要書類 車を売るとき

もしも自動車税の納付後に引っ越している場合には、納付した旧住所エリアを管轄する税事務所に申請します。郵便でも受け付けてくれますので安心して処理すると良いでしょう。

 

 

中古車売買の際に、中古車の納税証明書、自動車納税証明書の紹介でした