1. TOP
  2. 日産:ノートの査定

日産:ノートの査定

ノート売る

日産ノートの査定をするうえで、まずは、中古車販売価格の相場を知ってもらいたいと思います。

日産ノートには大変多くのグレードが存在します。

車の仕様を考えて極一般的な駆動方式2WD、排気量1500cc、CVTミッションで買い取り価格と販売価格の違いを検討してみます。

年式は1500ccということも考慮して平成22年式から順に比較してみます。

ノート 査定

何故6年前の中古車かというと、新車で購入されたお客様が2回の車検を経て翌年に迫る車検を受けてさらにもう2年乗るのかそれとも車検の残っている間に売却して次の車へ乗り換えるのか検討しやすいタイミングだからです。

又、新車時の価格ですが、こちらは150万から180万のレンジにある車であることを頭に入れておいてください。

色の選択はしませんが、距離については平均的な年間走行距離12000kmを参考に6年間ですので72000km程度での売却、又は中古での購入をした場合を想定します。

まず、買取査定ですが20万から40万程度がマックスだと考えてください。

ノート 売る

日産で下取り査定をする場合は乗換での買い取り金額アップがありますが、これは乗り換える車の値引き相当と考え、買取額には考慮しません。

対して、中古車市場ですが、25万から80万後半までと幅があります。

但し、中古車ですので、程度、特に走行距離が少ないものやディーラーでの販売等は一般店に比べ高めの傾向にはありますが、中心価格帯としては車両本体50万円、整備を要し乗り出し価格は70万程度が妥当なところです。

総括して、新車で160万、6年乗ると買い取りは30万円、中古車の購入では50万円というところです。

ノートを高く売るためのテクニックはトップページで!
>> 車売却ランキングはこちら <<

日産 ノートの買取相場
ノート e-パワー X モード・プレミア
平成29年式
(2017年式)
走行距離:1万km145.1万円
ノート X FOUR
平成26年式
(2014年式)
走行距離:4万km57.4万円
ノート X エマージェンシーブレーキパッケージ
平成26年式
(2014年式)
走行距離:1万km48.5万円
ノート 15X FOUR SV
平成24年式
(2012年式)
走行距離:4万km31.5万円
ノート 15X FOUR
平成22年式
(2010年式)
走行距離:5万km24.7万円
ノート ライダー
平成22年式
(2010年式)
走行距離:6万km22.8万円
ノート 15X
平成22年式
(2010年式)
走行距離:2万km18.1万円
ノート 16X
平成21年式
(2009年式)
走行距離:3万km13.3万円
ノートとアクアの比較

日産が製造販売する人気のコンパクトカー;ノートは、マーチよりも一つ車格が上に位置づけられています。

ライバル車はずばりトヨタのコンパクトカーのアクアです。

ハイブリッドカーとガソリン車では比較にならないのではないかと思われるかもしれませんが、実は共通する要素が色々あり、良いライバル関係にあるのです。

ノート アクア 比較

まず、両者とも好みに合わせてボディカラーやパーツカラーを自由に組み合わせることができます。

これにより他の誰も持っていない自分だけの1台を手に入れることができます。二つめに両者とも、低燃費かつパワフルなエンジンが搭載されていることです。

燃費性能ではアクアに軍配があがりますが、ノートもJC08モード26.8km/Lを誇ります。しかも、スーパーチャージャーによる爽快な加速を楽しむこともできます。

さらにスポーティな走りを楽しみたい方のために、アクアにはTOYOTA GAZOO Racingが手掛けたスペシャルバージョンがあり、ノートにもnismoが手掛けたスポーツモデルが存在しています。粗削りなところもありますが、格安で本格的なスポーツカーを手に入れることができます。内外装の質感も良い勝負です。

デザインについては、好みが分かれるところかもしれません。

ノートを高く売却するためのテクニック

最近の車業界においては非常に大きな変化が訪れておきており、特に新車を購入する習慣がどんどんと薄れてきています。

以前であれば、新車を購入する人が多くてより満足のいく車を購入していこうとしていたのですが、最近では日本経済は不景気になってきており、サラリーマンの平均所得もどんどんと減少していっているため、車のように贅沢品を購入するための余分なお金である可処分所得についてもほとんどなくなってきているのが現状です。

ノート売却

そのような中で、追い討ちをかけるように日本における物価の価格がどんどんと上昇してきているので、それにつられて、自動車の販売価格もどんどんと上昇しています。

これによりさらに一般家庭においては車を購入することが難しくなってきました。

そこで、最近では、現在持っている車を売却することで、次に車を買うときの補填とする人がどんどんと増えてきています。

特に人気車種であるノートにおいては売却するときのテクニックがあります。ノートにおいては販売時期をしっかりと見極めることで、需要が高くなる時期がわかってきます。

特にノートのような誰もがほしくなるような車は、需要が高い時期に売却をすることで、より高い値段で買い取ってくれるといったメリットがあります。

日産ノートの買取はカーセンサーやズバット車買取などの一括査定サイトがおすすめです。
ノートの査定は年式等も関係してきます。
新車の価格、中古車価格も検討課題としておくといいですね。

日産 ノートを一括車査定で高く売却しました

日産 ノートを一括車査定に出したところ、高値で売れたので満足しています。
燃費が良くてその辺は気に入っていたのですが、車としてはやはり退屈で1年足らずで手放してしまいたくなり、売却をすることになりました。
買ってから時間がたっていなかったので、できるだけ高値で売りたいと考えそこでたどり着いた結論が一括車査定でした。
複数社で比較検討をしなければ車の正しい価値もわかりませんし、競争もなければ査定額も上がりにくいと思ったため一括車査定を利用することにしたのです。
これが正解で金額の比較がしやすくなったことと、交渉もしやすくなったことで相場から見ても高値と思われる金額で売ることができたので、満足の行く結果となりました。
日産 ノートを売却したかったのですが、日産ディーラーやニスモなどどこで売却すれば一番高く売却できるかわからなかったので、一括車査定を申し込みしました。
たくさんの買取業者を比較することで、日産 ノートのどこを評価して査定しているのかを知りたかったという理由もあったからです。
私の日産 ノートは馬力を認められたようで、どの買取業者も高く見積もってくれました。
その中でも査定額の高い業者を数社選び、再度評価を依頼すると業者の間で競争が起こり更に高い査定額を提示してくれます。
そこからあらためて査定額を比較して、一番評価の高い買取業者に売却しました。
当初の予定よりも数万円も高く売却できたので、一括車査定を利用して大変満足しています。