新車売り上げランキング:アクア・ノート・ヴィッツ・カローラ・プリウス・フィットなど

新車売り上げランキング新車売り上げランキング

新車売り上げランキング解析(2016年3月より)

新車売り上げランキング
【2018年7月】
1位
2位
3位
4位
5位
6位
7位
8位
9位
10位
アクア
ノート
ヴィッツ
カローラ
プリウス
フィット
セレナ
ルーミー
ヴォクシー
クラウン

2016年3月の新車売り上げランキングは、1位トヨタプリウス、2位トヨタアクア、3位ホンダフィット、4位日産ノート、5位トヨタシエンタ、6位トヨタカローラとなっています。

プリウス

新車売り上げランキング1位のトヨタプリウスは、2015年12月9日に新型車両を発表した影響もあり、前年対比1月期187%、2月期は144%と3月期167%と非常に好調です。

 

アクア

新車売り上げランキング2位のトヨタアクアは、2016年に入ってからも前年対比6割強と売上を落としており、3月に入り前年対比77%弱まで回復しましたが、プリウス31434台に対して23314台と大きく水を空けられています。

 

フィット

3位のホンダフィットは、2016年に入り前年対比63%〜91%と前年割れを起こしており、非常に苦しい販売状況が続いています。

新車 売り上げ

ノート

4位の日産ノートは、2012年9月から8か月連続でハイブリッド車を除くガソリン登録車ナンバーワンと人気車種でしたが、現在ではフィットやアクア、シエンタなどにおされつつも、前年対比83%〜98%と健闘しています。

ガソリン登録車ナンバーワン

シエンタ

5位のトヨタ シエンタは、2015年7月9日に新型車量が発表され、2016年に入っても前年対比1月期989%、2月期564%、3月期657%と好調を維持しています。(シエンタの人気について

カローラ

6位のトヨタカローラは、2016年に入り前年対比80%強と前年割れを起こしていましたが、3月期は122%と大幅に回復しています。

 

 

新車売り上げランキングから見る人気車種の傾向

車の人気はデザインや価格、走行性能などにより変動します。また、近年においては、居住性といった車内の空間を有効に使っているかという点も注目されています。

トヨタ シエンタ

ハイブリッドカー

2016年の人気車種の傾向としては、まず低燃費であるハイブリッドカーがあります。

人気車種 傾向

ミニバンタイプ

次に、ミニバンタイプの車種が人気です。車内の空間が広いため、様々な用途に使うことができます。特に、家族が多いユーザーから多くの支持を得ています。燃費においても改良され、経済的に優れた性能を持っています。

軽自動車

そして、軽自動車も人気車種の一つです。低燃費で維持費も安いことが人気となっています。

また、車内空間を有効に使用しているため、軽自動車とは思えない居住性を持ち合わせています。

こうしたことが、2016年の一般的な人気車種の傾向となりますが、個性的な車にも人気が集まっています。

2016年 人気車種 傾向

 

車本来の走行性能に注目したユーザーに応える傾向ということができます。こうした点は2016年に限らず、今後も求められる要素となります。多くの人に支持される人気の車は、それだけの理由があるということができます。

 

車を売って新車を購入するまでの道筋:新車売り上げを参考

マイカーを売って新車を購入する場合、殆どのユーザーは買い替えを選択するでしょう。

車を売って新車を購入する

下取り

買い替えを選択で、それまで乗っていたマイカーをカーディーラーに下取りの形で売ることができると同時に新車を手に入れることができるからです。

カーディーラー 下取り

ケースによってはマイカーの引き取りから新車の納車までに数日時間が空くことがありますが、ディーラーによってはその間に代わりの車を用意してくれるので、通勤や日用品の買い物などの際の移動で困ることはありません。

車を買い換える場合、まずはカーディーラーを訪ねて、車のパンフレットや実物を見せてもらうなどして、購入するかどうかを決めます。購入を決めたら、同時に所有しているマイカーを売ることもディーラーのスタッフに知らせます。

もし、この時点で買い替えの際に必要な書類の準備が済んでいる場合は、マイカーの下取り査定と売買契約の手続きを行い、準備が終わっていない場合は後日手続きを行います。

マイカー 売る

なお、
 

金融機関のマイカーローンを組んで買う場合は、ディーラーでの手続きの後に金融機関とローンの申込手続きを行う必要があります。

 

契約手続きが終わると受け渡しについて打ち合わせをし、自宅か店舗のどちらかでマイカーのディーラーへの引き渡しと、買った車の所有者への引き渡しが行われます。

 

軽自動車の新車ランキング、トヨタ車の売り上げランキング合わせて、新車の価格を気にしておきたいですね。

《このページの”最重要”ポイント》

最高額で売却の準備できていますか?
・なるべく早く・高く・売りたい!
・安心できる車買取会社で売却したい!
・自動車ローンが残ってても問題なし!
・机上査定ならしつこい営業も回避

【私ならこうやります】
車売却はタイミングを伴いますが、まずは思いったら2・3社に査定をしてもらいます。
そこで納得の金額であれば即売却、そうでなければ、もう少し広めに査定を依頼します。
シンプルですが、これだけで高額売却が実現可能です。

【売却時期は今がオススメ!】

2021年(令和3年)11月になりました。

コロナウイルスの自粛で社会・産業が停滞傾向。
車買取業界に大きなダメージはありませんが、今後、不景気になれば車離れという流れになるかもしれません。
カーシェア文化が定着すれば、買取額の急激なダウンの可能性も秘めています。
そのため、早めに査定を行い売却の準備を行うことをオススメします。

高値買取が期待できるサイト

カーセンサー.net

中古車検索や中古車販売などの中古車情報なら「カーセンサーnet」!
カーセンサー.net
カーセンサー詳細はこちら


ズバット車買取比較.com

手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。
ズバット車買取比較
貴方の愛車の最高価格を知るには、また、高額を狙うならズバット車買取比較をチェック!
今なら現金10万円プレゼントキャンペーン中

ズバット車買取詳細はこちら


かんたん車査定ガイド

完全無料!32秒の簡単入力で最大10社へ依頼が可能です。
車を売るならかんたん車査定ガイド
簡単入力、スピード査定で愛車の買い取り価格が一発でわかる”1秒査定”オススメです。
今月限定10万円、もしくは1万円が当たるプレゼントキャンペーン中!!

かんたん車査定ガイド詳細はこちら


カービュー

みんカラ(carview)の中古車買取一括査定。
中古車買取店の概算を一括で比較、中古車の高額見積もりがわかります
カービュー車売却
期間限定10万円プレゼントキャンペーン中
カービュー詳細はこちら


タイトルとURLをコピーしました