1. TOP
  2. 車売る:車売却
  3. 車を売る前に知っておきたい
  4. 修復歴・事故歴
  5. 修復歴・事故歴のある車

修復歴・事故歴のある車

修復歴・事故歴

車を売る場合、気をつけないこといけないことはたくさんあります。
その中で、意外と分かっているようでわかっていないことが、修復歴・事故歴です。

修復歴のある車は、高く売ることが出来ない、値引きされてしまうということをきいたことありませんか?
ただ、修復歴と事故車はまったく違うのです。

修復歴とは、規定の箇所が破損して修理・交換をした車のことを言います。
(自動車の車体の骨格部位を損傷し、「修正」あるいは「交換」により修復)
よって、その規定の箇所でなければ、修復歴にはなりません。

その規定の箇所というのが、車の骨格・フレームとなる部分である
・クロスメンバー(フロント・リア)
・サイドメンバー(フロント・リア)
・インサイドパネル(フロント)
・ピラー(フロント・センター・リア)
・ルーフ
・センターフロアパネル フロアサイドメンバー
・リアフロア(トランクフロア)
・ラジエータコアサポート
になります。

要するに、上記の箇所以外は、問題ありません。
たとえば、壁にぶつけてバンパーを交換してしまったとか、ドアのへこみを直した、また塗装したというものに関しては、上記の規定には一致しませんので、修復歴にあたりません。

車売却の査定員は、事故車と修復歴を一緒に扱い、お客の足元をみた査定をしてくる場合もあるので、細かいところまで覚えるのは大変なので、もし、そんなシチュエーションになったら、
「これは、修復歴ではなく、事故車ですかね?」
この一言で、査定員もあなたの見方が変わりますと思います。

車を売る・上手に売る、車買取会社を上手な活用方法
詳しい査定のポイントは、TOPページをご覧ください。
車を売るトップへ