1. TOP
  2. 中古車一括査定・買取会社
  3. 車査定から売却までの流れ

車査定から売却までの流れ

車査定から売却までの流れ
車売る流れ

 

 

事前に知りたい車査定から売却までの流れ

所有している車を売るまでの流れは、車査定、売却のための売買契約、車の引き渡し、買取代金の支払いの4つに分けることができます。

車を売る場合は、まずその時点で売るといくらになるのかを知る必要があります。

一括査定サイトを活用することで、複数の買取会社に概算見積もりを出してもらうことができます。

オンラインで、複数の概算が分かるため、相場チェックにもつかえます。

 

 

車査定から売却まで

概算の中から、実際に査定をしてもらう会社を決定すると、査定スタッフが直接所有者のもとへ訪問してくれます。

査定の作業が終了すると、後日店側から買取額の見積もりが告げられ、所有者がこれに同意した場合に売却手続きへと移行します。

売却手続きは、最初に売買契約の締結が行われてから、車を買取店へ引き渡して、買取代金の支払いを受ける流れが一般的です。

車売却手続き

このとき、所有者は売買契約を結ぶ日までには、車検証や自賠責保険証明書をはじめとする必要書類を店側の担当者にいつでも提示できる状態にしておかなければなりません。

また、車を引き渡す際は、次の所有者に綺麗な状態で使ってもらえるように、自分でできる範囲で清掃をしておきましょう。

 

 

買取ってもらった車の代金が支払われるタイミング

車を売った時に確認を忘れると困ることが多い点に車の代金の支払いのタイミングがあります。

車売却代金を次の車の購入費にあてていたり、他に入用だったり、代金を待てない場合も多くあります。

車売却代金

車の売却代金を支払うタイミングとして業者ごとに違いはありますが、一般的には車と書類を渡してから1週間から2週間程度かかることが多いようです。

車の売却には条件があります。ひとつは車のローンが残っていないことです。ローンが残っている場合にはローンの残債を支払う必要がありますが、買取業者がローンを建て替える場合にはスムーズに進むことが多いようですが、車の所有者が支払う場合にはローン会社と相談して振り込むことになりますが、時間がかかることがあります。

車売買 ローン

次に名義変更などの書類上の手続きがあります。業者によっては書類と車を受け取れば代金を支払う場合もありますが、一般的には名義変更等が終わってから支払うことが多いようです。書類の手続きが終わってから代金を支払う場合には、3月の年度末など車の名義変更・抹消手続きで陸運局や軽自動車検査協会が混む時期には時間がかかってしまうこともあるようです。

車売却までの流れ、また車売却時のローン、手続きの紹介でした

車売る