1. TOP
  2. ベンツに持つイメージと実際のギャップを紹介:ベンツの維持費・燃費・任意保険・車検・部品などなど

ベンツに持つイメージと実際のギャップを紹介:ベンツの維持費・燃費・任意保険・車検・部品などなど

ベンツに持つイメージ

ベンツとは、車に興味がある人ならひょっとしたら一度は乗ってみたい車ではないでしょうか。

ベンツにも手が届かないくらい値段の高い車種から国産車と同じような値段で庶民でも購入できる車種もあります。

おそらく、ベンツというだけで庶民でも金持ちじゃないと買えないと思っているかもしれません。

いえいえ、新車で300万出せば購入できるAクラスもちゃんとラインナップされているのです。

そのなかでも、ベンツAクラスは思ったよりも安い値段で350万円くらいで新車を買うことができる車種です。

※値段は「A180 AMG Style」の新車価格を参考にしています。

では、ベンツAクラスの維持費はどれくらいなのか検証していくことにしましょう。

 

ベンツAクラスの維持費

ベンツAクラスには1600cc~2000ccまでの排気量を持つ車種がラインナップしています。

  • 「ベンツだから自動車税が高そう」
  • 「ベンツだから部品代が高いかも」

少しでもそのように思ったならそれは大きな間違いです。

なぜなら、ベンツの維持費はあなたが考えているよりも安い値段で維持ができるからです。

まず、自動車税は排気量によって値段が決まるので
「ベンツだから」という理由で特定の車種だけが高くなるわけがありません。

たとえば、ベンツAクラス1600ccを購入したとすれば「39500円」が毎年支払う自動車税となります。

どうして、ベンツの税金がが高いというイメージがついているのかですが、これは、外車と言えば高級車というイメージがあり高級車は大排気量というのがよく言われる一般的な見解だったからです。

なので、こうした考え方が世代を超えて浸透してしまったのでしょう。

ベンツ 維持費
 

ベンツの部品代は高いのは嘘

ベンツの部品と言えば外国からわざわざ取り寄せて、購入するというイメージがとても強いです。

ですが、ベンツの部品などは楽天でも購入ができるのです。

たとえば、ワイパーブレードなどは、ディーラーで注文すると9000円~15000円で交換させられます。

しかし、楽天で注文すれば、4000円ほどで購入ができるのです。

ただ、見栄っ張りな人は高いワイパーを買いたがりますが、こうした安いワイパーでも特に使用に関して問題ないです。
 

ベンツは燃費が悪いというのは本当なの?

結論から言えば、国産とあまり変わりません。

ですが、プリウスとかアクアなどベンツの燃費を語るうえでエコカーを代表する車種を引き合いに出す人もいますが、それは、ちょっと違うようにも感じます。

ただ、ベンツでも乗り方次第で燃費が良くなるので、運転方法を色々と変えてみるのも良いかもしれません。

関連記事:燃費をよくする20の方法!

ベンツ 部品 楽天
 

ベンツは任意保険料が高い本当の理由とは?

ベンツは保険料が高いというのは、車両本体価格が高いからという理由があります。

ですが、任意保険料の値段というのは車両本体価格やその車種の事故率などや盗難率や修理代で決まります。

なので、ベンツだから保険料が高いのではなく、車両本体価格が高いからこそ任意保険料が高くなるのです。

さらに、中古車を買った場合は車両保険の補償額も少ないので、保険料が安くなり国産と変わらないというケースもあります。

つまり、車両本体価格が高いならベンツでなくても任意保険料は高くなります。

ベンツ 任意保険
 

ベンツの車検代は数十万かかるのは本当なのか?

ベンツだけに限らず外車は国産車と違い、ノーメンテで乗り続けることはできません。

このことを理解していない人が多いので、「外車は故障しやすい」と勘違いしていしまうのです。

逆に言えば、中古車のベンツでも日々の点検やメンテナンスをしっかりとしていれば車検費用も安くなるのは間違いありません。

さらに、ベンツに乗っている方はディーラーに、丸投げをするケースが多いので不要なものまで交換されて金額が大きくなっている可能性もあるでしょうね。

しかも、ノーメンテで乗り続けていたなら、そのツケが車検の時に回ってきて車検費用が多額になることもありますね。

ベンツの車検費用を少しでも安く抑えたいなら、日々のメンテナンスを怠らないようにするのが重要ですね。

ベンツ 車検
 

ベンツが高級外車だというのは昔の話!?

ベンツが高級外車だというイメージは、今でも語り継がれているようにも思えます。

その理由は、1990年代のメルセデスベンツは、本物の高級車だけを販売していたからです。

なので、ベンツに乗っている人は、金持ちだというイメージがとても強く、今でも残っているのかもしれません。

今のメルセデスベンツの公式サイトを見ると若干高級感が残っているものの安い車種も販売しています。

ただ、車は古くなると故障率は高くなります。

また、これは国産車も同じですしメンテナンスを怠れば、故障率がさらに高くなるのは当然でしょう。

メンテナンス部品もディーラーにすべて丸投げをしないで、自分で出来るところは自分でするのも維持費を安くする秘訣ですね。

だけど、ディーラーに出すと費用が高くなるのは、国産車も同じなので、ディーラーに出すと高いという見当違いな発言は、ここではしないようにします。

つまり、ベンツAクラスの維持費は本当は高くないのかといえば、思ったほど維持費は高くないというのが結論でした。

さらに、中古車のベンツを買う場合は、アフターフォローがしっかりとしているディーラーで購入をしたほうが結果的に安く購入ができるでしょう。

なぜなら、故障に対する保証期間があるからです。
 

ベンツは高く買い取ってくれるの?

以上のことで、ベンツのイメージが少し変わったかもしれません。

そこで、ベンツを売却するとき、

  • 高く買い取ってくれるか?
  • 安く買いたたかれるか?

気になるところです。

結論から言うと、国産車もベンツも関係なく、

  • 年式
  • 走行距離
  • 車内・外の状態

などの一般的な査定内容からはじき出されるもので、ベンツだからと言ってメリット・デメリットはありません。

ただ、ディーラーに持っていくよりは、一括査定サイトを活用しながら、少しでも高く買い取ってくれる会社、また、外車買取専門の外車王などを活用するといいと思います。

外車王公式サイトはこちら
https://www.gaisha-oh.com/

 
 

関連サイト:外車を売るときに気をつけること