1. TOP
  2. 車検
  3. 保安基準適合証
  4. 車のパーツ基準:保安基準適合証とは?保安基準適合のウィンカーと車検に落ちる条件

車のパーツ基準:保安基準適合証とは?保安基準適合のウィンカーと車検に落ちる条件

保安基準適合証とウインカー

保安基準適合証とは、
指定自動車整備事業者において、クルマを点検、整備したあとに自動車検査員が保安基準に適合していると認めた場合に交付される証明書:車の各パーツは法律の定める基準です。

そこで、
保安基準適合証でも定める、ウィンカーと車検の関係について紹介したいと思います。

保安基準適合証とウィンカー

保安基準で定める灯火類はかなり厳しいといわれています。

一昔前は、バックランプをクリアテールにしただけでも車検に通らないといわれていました。

いまでは、ディーラーが自らクリアテールを開発し標準装備で販売するようになったのでバックランプをクリアにしても問題はないのでしょう。

また、ウィンカーなどもクリアにすると車検に通らないといわれていた時期もありました。

今は、そういう厳しい条件もなくなったようですね。

しかし、いろいろと規制緩和されたからと言って何をしても良いというわけではありません。

ここでは、車検に通らないウィンカーの条件とはどのようなものなのかを紹介していきます。

ウィンカーの位置で車検に通らないこともある!?

過去に自分で作成したウィンカーをバンパーに取り付けていたことがあります。

ただ、当時はちょっとしたドレスアップでも保安基準に抵触し車検に通らなかったのです。

さらに、僕が自分で作った後付けウィンカーがどうして車検に通らないといわれたのかを紹介してきます。

まず、僕が自分でくつった後付けウィンカーは保安基準に記載している以下の条件に合ってませんでした。

  • 上縁の高さが2.1メートル(側面は2.3メートル)以下
  • 下縁の高さが0.35メートル以上
  • 前方や後方に対して指示部の最内縁の間隔は600ミリ(幅1300ミリ未満車は400ミリ)以上
  • 指示部の最外縁は自動車の最外側から400ミリ以内

ただ、「車の後ろの面、両側に備えられているウィンカー左右二個ずつで下部に備えているものが照明部の上縁の高さが地上から1.5メートル以下であること」を満たしているという場合は上記で説明した条件は満たさなくても問題ありません。

さらに、照明部の最外側から400ミリ内なら条件に満たさなくても良いのです。
ウィンカーの位置

ウィンカーの色が基準以外なら車検に通らない!

ウィンカーの色を、わざわざ変えている車を見たことがありますがこれは、車検には通らない車となります。

なぜなら、ウィンカーは「橙色」と決まっているからです。

ですが、ウィンカーカバーがクリアの場合はランプの色は「橙色」を取り付けます。

そうでないと、ウィンカーの色が暗い感じになるからです。

たとえば、ウィンカーカバーが
「橙色」なら透明のランプを取り付けます。

逆に、クリアテールなら「橙色」のランプを取り付けます。

ウィンカーの色

ウィンカーの数を増やしても問題ない?!

ウィンカーを後付けでウィンカーを増やす人もいるかもしれません。

結論から言えば、ウィンカーの数を増やしても車検には関係ありませんし保安基準でも定めはありません。

ですが、後付けのウィンカーを取り付ける場合は取り付け位置などが条件に抵触する可能性があるので取り付けには十分注意する必要があります。

また、保安基準第41条に記されている基準を読むと面積に関しては基準がないように感じます。

しかし、保安基準には「前途のウィンカーは20cm」とあるので社外品のウィンカーを買うという場合は面積なども考える必要があります。

ウィンカーが車検に通らない

純正ウィンカーが車検に通らないと言われた時の話

あるとき、ディーラーに車検を依頼したのですが「このウィンカーでは車検を通せない」と言われたのです。

え?
ウィンカーは純正品で何もいじってませんが?

そのように言い返したことがありますが「ウィンカーにひびが入っているとダメなんです」とディーラーの整備士に即座に言い返されてしまいました。

改造も何もしていない車で「車検に通らない」といわれると頭が真っ白になってしまいますよ。

ただ、ウィンカーに雨などが入るようなひび割れがある場合は車検に通らないという事でした。

僕の場合は、新品を注文し交換しましたがウィンカーのひび割れはカー用品店で補修できる製品が販売されているので探してみると良いでしょう。

でも、補修することに自信がないなら新品に交換するほうが良いといえます。

 

 

ウィンカーをLEDに交換

ウィンカーをLEDに交換すると車検に通らない?!

僕はウィンカーをLEDに交換していますがディーラーに車検を出そうと思うと色々と不安があります。

      本当に車検に通るのか?
      交換しないといけないって言われるとどうしよう
      車検前に元に戻しておこうかな

などなど、このように不安に感じてしまいます。

さらに、ディーラーに相談をすると「自信がないなら元に戻しては?」とそのようにアドバイスをいただくことが非常に多いです。

たしかに、LEDだからダメなんだろうなというあきらめる姿勢も大事なのかもしれません。

しかし、何事も試してみなければわからないという事もあります。

また、LEDだからという理由で車検に通らないという事は今の保安基準を見ると、そうとはとても思えないのです。

なぜなら、ウィンカーの基準とは「点滅速度」も厳しく定められているからです。

そして、ディーラーの整備氏はLEDに交換したウィンカーは点滅速度が若干早くなっているとそのように誤解されている可能性もあります。

理由は、保安基準では「ウィンカーの点滅は毎分60回以上120回以下」で一定の間隔で点滅するように定められているからです。

たしかに、ディーラーでは目視確認なので基準に適合していても「これは車検に通らない」とそのように言われることもあるでしょう。

しかし、LEDのウィンカーにはハイフラッシャーを防止するため抵抗器を取り付ける場合もあります。

このような抵抗器を取り付けた状態ならたいていは車検に通るのでディーラーで通らないといわれても車検専門フランチャイズで車検を受けると通ることもあるのです。