1. TOP
  2. 車のへこみは買取前に修理したほうが良い?

車のへこみは買取前に修理したほうが良い?

車のへこみ

長らく愛用してきた車を手放すにあたっては、買取業者にいかに高く買い取ってもらえるかがカギとなります。

キズや凹みなど自分ではそれほど価値が残されていないと思っているものでも、専門業者が見ると高値で買い取るべき余地が残されていることも多いものです。

車のへこみ

まずは気軽に、机上査定でその平均的な価値・相場を確認しましょう。

相場を確認するときの流れとしては、
まず一括査定サイトなどで買取り業者をピックアップして、条件の合いそうなところへ机上(簡易)査定依頼を行います。

その際、
購入年や車種、それに故障や傷の有無などを書き入れる欄もありますので書ける範囲記述しましょう。

送信した情報で、業者側は簡易的な金額を提示してくれます。

車売るなら電話相談

車のへこみ・キズのある車査定

相場を確認したあとは、本格的な出張での査定です。

ここで知っておかなければならないことは、
簡易の査定と実際の査定では、大きな開きがある場合があるということです。

その要因の1つが、今回のタイトルにもある凹み(へこみ)やキズです。

査定員だけでなく、
キズのある車、へこみのある車、清掃されていない車を見えれば、イメージは悪いでしょう。

とはいえ、長い間車に乗っていれば、へこみや多少の傷はつくものですので、過剰に心配する必要はありません。

ムリに修理に出す必要もありません。
というのも、業者によっては自社内に修理部門などがあり、へこみに関しても簡単に修理できる場合があるからです。

こう言った際にはわざわざ事前に修理をして費用がかさむよりも、そのまま査定を受けた方がむしろメリットが大きい可能性もあります。

いずれにしてもこれらの判断は業者ごとに違いますので、率直に尋ねて、どちらがお得かアドバイスを求めてみることが重要でしょう。

車のキズの直し方

自分の中で認識がなくても、よく見ると至る所に車の傷はあるものです。

事故でなくても、走行中に石や砂利が当たったり、小さな傷を探せばたくさん見つかります。

では、その小さな傷を自分で直すことができるのでしょうか?

結論から言えば、小さな傷であれば、初心者でも補修することは可能です。

カー用品専門店に行けばたくさんの補修グッズが並んでいます。

スプレー塗装、耐水サンドペーパー、パテなどを用意することで可能となります。
車のキズの直し方
*詳細は修理ナビのサイトで紹介しています。