1. TOP
  2. 保険
  3. 大手の子会社で自動車保険に入るのがおすすめな理由

大手の子会社で自動車保険に入るのがおすすめな理由

自動車保険 大手

自動車保険 大手

自動車保険はとてもたくさんの保険会社が取り扱っています。

保障内容も非常に似通っているのでいったいどこの保険会社の商品が一番良いのか、悩んでしまうことでしょう。

やみくもに悩んでも混乱してしまうので、ここは自動車保険に求められる大事なこと・2点に絞って考えてみましょう。

それは

  • 『保険料の安さ』
  • 『アフターフォローの手厚さ』

の2点です。

自動車保険に加入するときは、大手とネット系の良いとこ取りをしよう

自動車保険はどの保険会社も非常に保障が似ています。商品性で選ぶ余地はほとんどありません。

よって大切なことは、『保険料』の比較と、『アフターフォローの充実度』です。

ここで言う『アフターフォロー』とはロードサービスだとかの付帯サービスのことではありません。

ロードサービス等も役に立つことはありますが、最も大事なのは
『事故を起こしたとき、保険会社が丁寧にフォローしてくれるかどうか』
です。

一般的に、保険料はインターネットなどで直販・通販を行う会社の保険料が安いです。

これはもはや言うまでもないことでしょう。

一方で、事故を起こしてしまった際、実際に損害調査を行ったり、被害者側との交渉だったりは、大手保険会社にノウハウがあります。

加入者への対応も丁寧な傾向にあります。

ゆえに、自動車保険に加入する際は、両方の良い点を兼ね備えていると良いですね。

ネット系損保の自動車保険の魅力は何と言ってもその安さ

インターネットや通販で自動車保険を販売する会社は、保険料が大手の自動車保険のそれと比べると3~4割程度安いことが普通です。

損害保険会社も代理店を通して販売している従来のやり方ではコストがかかり過ぎで、常に見直しが議論されているようです。

インターネット系の損保も乱立気味ですので、一番安いところはどこかとなると探すのが大変ですが、そうそうどこの会社でも変わるものではありません。

自動車保険の保険料の節約をしたいなら、まず候補に挙がるのはこれらの会社でしょう。

自動車保険 大手グループ

大手損害保険会社は事故をした際のアフターフォローが手厚い

一方で大手の損害保険会社の強みはいったいなんなのでしょうか。

自動車保険は生命保険や医療保険と違い、加入者と保険会社だけでなく、事故の被害者、という存在がいることに特徴があります。

生命保険や医療保険は加入者と保険会社間でやりとりが完結してしまうので、保険会社のアフターフォロー体勢など正直どうでもいいものです。

契約内容に従って粛々と支払われるだけでしょう。

しかし、自動車保険の場合は、事故を起こした際、事故の被害者と賠償について交渉するという、一筋縄ではいかないプロセスがあります。

これを事故の加害者と被害者だけで完結させるには、時間的にも精神的にも多大な苦労があるでしょう。

この交渉を代わりに請け負ってくれるのが損害保険会社です。よって生命保険会社と違い、自動車保険の場合は、保険会社の交渉力や加入者のフォロー体勢などが重要な要素となります。

大手の損害保険会社はこの点、長年のノウハウの蓄積により被害者側との交渉力・加入者のフォロー力について抜きんでたものがあります。

ただ保険料が高いだけではないのです。

ネット系損保子会社 自動車保険

大手損保会社のネット系損保子会社で自動車保険に加入するのが最強

しかし、それでも保険は使わないことが多いのだから、なるべくなら保険料が安いほうがいいですよね。

そこでおすすめの加入方法が、大手損保会社の子会社でインターネット専業の自動車保険を販売している会社を探すことです。

大手損保会社の子会社は、事故が起こった際、親会社の損害調査部門・損害サービス部門と連携して解決に当たります。

親会社のリソースを使って、事故の交渉等を行います。

要するに、保険料はネット系相応に安く、いざ事故が起こってしまったら、親会社の調査力でもって解決にあたることができる、というなんともいいとこ取りが可能です。

必ずしも大手損保会社のネット系子会社の保険料が一番安いとも限りませんが、あなたも、自動車保険を検討するときは、いいとこ取りができる大手損害保険会社の子会社でインターネット販売をしている会社から検討すると良いでしょう。

いまさら聞けない自動車保険の基礎知識を紹介します