1. TOP
  2. 初めてのドライブレコーダーの選び方:メーカー・ノイズ・口コミを紹介

初めてのドライブレコーダーの選び方:メーカー・ノイズ・口コミを紹介

ドライブレコーダー

静岡市清水区の車修理業、萩山一家の悲しい事故をきっかけに、あおり運転や危険運転の是非がより一層表面化されました。

其れ以外にも、
数々の危険な運転は、ドライブレコーダーによって認められ
最近では、その映像も証拠となり、あおり運転で逮捕となりました。

ネットで話題の【衝撃のドラレコ】高速道路での超危険な煽り運転からの事故!ドライブレコーダー車載カメラ映像

ドライブレコーダーの存在は、
ドライバーの命を守り、また、証拠能力としての価値を見出している今、導入を考えている人も多いでしょう。

また、危険運転の証拠だけでなく、
北海道札幌で起きたタクシーで暴れ車内壊した疑い 男性弁護士を書類送検という事件も起き、
コチラも車内カメラが大きな証拠なりました。

この杉山央弁護士、1日も早くしっかりしたところで謝罪をしていただきたいと思います。

また、
ドライブレコーダーは、第三者からの身を守るだけでなく、当事者への意識にも寄与します。
ドライブレコーダーを搭載することで、おのずと運転が慎重になり、事故の発生の抑制にもなるといわれています。

そこで、
初めての方にも、分かりやすくドライブレコーダーの選び方を紹介します。

ドライブレコーダーとは?

最近、自動車事故の交渉で圧倒的な証拠となる場合が多い、映像や音声。
それらの多くはあらかじめ撮影状態で車に設置されるドライブレコーダーといわれる機械で撮影されています。

この製品は通称「ドラレコ」ともいわれ、自動車運行時の事故証拠映像のほかに投稿動画映像の録画にも使われる場合も多くあります。

また、なかには自分の行った旅の道のりを記憶する保存ビデオのように使う方もいます。

ようは車が運行されている間、車内の音声や車外の映像を記憶できる機械です。

ドライブレコーダーとは

ドライブレコーダーのスペック・値段

では、初めて車に設置しようと品物を選び始めた時、スペックの数字や値段、設置方法などの違いで、何を買ったらいいのかわからないという状況になると思います。

特に、ネットなどの通販で買うと、実際に商品を目にすることがしにくいので余計に迷うと思います。

そこで、商品を選ぶポイントをチョイスしたいと思います。

実際の品物は他のサイトで詳しく出ているので、好みの商品があった時のチェックポイントや設置後の見極めポイントとして活用していただければうれしいです。

それでは!

カメラの性能

これはなんの理由もなく、フルHDを選択するのが無難です。

車載映像って意外に過酷な状況で撮影されることになります。

雨の日、夜、ワイパーが動くなか、できるだけ鮮明な映像を残すにはこのポイントは外せないでしょう。

モニターの大きさ ミラー型?

これは好みによると思います。

ミラー型はミラーにカメラやモニターが組み込まれているので、必然的にミラーが重たくなります。

ミラーって車の振動で結構ゆれるんですよねー。

好みの問題ですが・・・

ドラレコについているモニター画面ですが、事故直後に映像を確認しあうことはあまりないと思います。

事故後の交渉時に証拠として映像を提出することが多いと思いますので、モニターサイズにはこだわらなくてもいいのでは?というのが私の見解です。

映像を観るなら、ノートPCで見る方がクリアな映像確認できますし。

ドライブレコーダーのノイズ:キーレス

カメラを設置する車にTVやキーレス、リモコンスターターがついていませんか?

自分の経験ではこれが一番の重要課題でした。自分の車には社外のフルセグTVのフィルムアンテナがフロントガラスに張ってあります。キーレスもついています。

よくいわれているのが、ドラレコがノイズを発生して、TVが写りにくくなったり、キーレスの反応が極端に悪化する場合もあるという情報です。

自分も一台目のドラレコはあまり予算を高く設定しないで、選択しました。

予算は6000円くらいでした(以後一号機といいます)

実際に使ったのは中華製のフルHD 広角レンズ付きドラレコでした。

ドラレコとしての機能は十分に果たします。しかし、周辺機器への影響は大きかったです。

ドラレコ作動時には、TVはほぼ映りません。かろうじて音声が聞ける程度。

リモコンスターターでエンジンをかけたあと、車行きキーレスで鍵が開きにくい・・

キーレスの反応が一気に弱くなるんです。

また、そのあとエンジンを再スタートしても自動で電源は入りません。

発進する前に、必ず電源オンを確認しOFFだったら手動でオンにしていました。

ドラレコとしての機能は果たすが、それ以外に害を及ぼすことの多かった一号機。

そんななか、一号機のステーを車屋で破損されるという事故が起きその車屋が同クラスのドラレコを弁償するということになりました。

これがドラレコ2号機です。

2号機は日本国内生産品、カメラのスペックは同等。記憶媒体が8GのマイクロSDがついていました。

そこで、2号機を設置。

まず違いが、電源ケーブルの太さ。ノイズ対策なのでしょうか?

本体の造りもかなりがっしりしているのですが、コンパクトです。

フロントガラスとミラーの空間に設置できました。

カメラの近くにはTVのフィルムアンテナが・・・ あーあ、またTV見れないかなって思いました。

すると!

作動チェック時もTVに対する干渉もほぼないです!

キーレスへの干渉もなし。

リモコンスターターを使って暖機運転後に車内に乗り込みエンジン再始動時にもすぐに録画状態となりました。

走行テストでもレコーダーとしても機能は十分に発揮されます。

車との相性もあるとおもいますが、ドラレコの機能を発揮しつつ、他周辺機に影響なく普通に使えるという感覚・・・

やはり国内製品は安心だなーっと思ったのが正直な気持ちです。

これからドラレコを選ぶ人、自分は価格が一番! レコーダーのサイズが・・・など

たくさんの意見や条件があると思います。

設置するうえで、大事なのは、最低限フルHD対応のカメラで万が一の時に鮮明な映像を保管できるのと設置する前につかえていた車の機能が、ドラレコを設置したあとでも、今まで通りにつかえるというのが大事じゃないかなと思います。

くれぐれも価格だけでなく、使い勝手も考慮したお買い物をしてほしいと思います。

ドライブレコーダーを導入した人の感想・口コミ・体験談

あおり運転で死者が出た、なんて物騒なニュースを見て不安になり、出費にはなりましたが、ドライブレコーダーを導入しました。自動車部品の販売店で取り付けてもらいましたが、1時間程度で完了し、意外と短時間で取り付けてもらえるのだなと驚きました。
画質も素晴らしいですし、きちんと記録をとってくれるので、運転していても安心ですし、駐車時のいたずらなどの画像も記録してくれるので、安心して車を停めておくことができます。ケンウッド製の商品を購入しましたが、アフターケアなどもしっかりしていて安心です。導入していない人にはぜひとも導入をおすすめしたいと思います。何かトラブルがあってからでは遅いと思いますので、早めに対処すべきです。

青信号で通行していたのにも関わらず、横方向から赤信号を無視して進入してきた車と衝突し事故になってしまった際、相手が非を認めずに頑なに信号を守っていたと言い続けたため当方にも問題があると判断されてしまい、到底納得できない割合と保険料になりました。
そうした事故をきっかけとしてドライブレコーダーの取り付けを決意し、製品選びを開始した時により良いと感じられたのがユピテルの製品です。
事故が起こった時の衝撃で前後の録画が自動で行われるのはもちろんですが、記録される映像はフルハイビジョンなので他車のナンバープレートの数字まできっちり読み取れます。
さらに駐車監視機能付なので車上荒らしや狭い駐車スペースで当て逃げやドアをぶつけられてしまった時にも資料として提出できました。

職場の知人が事故を起こしたという話を聞いた際に、自分の車様にPAPAGOのドライブレコーダーを購入しました。事故と言うのは相手ともめることも少なくありませんので、証拠能力のある情報があるに越したことがないということを知り、急いで購入しました。
超広角レンズを持っているモデルを購入しましたので様々な事故に対して必要な情報を記録してくれることを期待しています。それなりに充実したスペックのドライブレコーダーなのですが、価格面についてはかなりリーズナブルで購入しやすいのが良かったです。選択肢は沢山ありますので、事故の際の不安を軽減する意味でも何かつけておくと良いと感じました。実際に証拠として認めてもらえるのでとても役立ちます。

あおり運転をしてくる車の対策や事故処理が迅速に解決できるというメリットがあるためドライブレコーダーを付けてみました。万が一の事故のためが本来の目的でしたが、コムテックのドライブレコーダーの映像をホームページにのっけてあったYouTubeで見たら、あぁそういう使い方があるのかと感心しました。運転しながら周りの風景を録画することができるのです。車でよく一人旅をするのですが、運転しながらこの風景が写真で撮れたらなぁと思っていたので、この使い方はその願いが叶うものです。画角が136°と広い視野で撮れるので、自分の撮りたい映像をしっかり撮ることができます。マイクロSDカードが付いているので後でパソコンに保存でき、いつでも好きな時に見ることができます。

ドライブレコーダーと車査定

ドライブレコーダーと車査定の関係

ドライブレコーダーもカーナビ同様、車を売るときの査定にはプラスに働きます。

ないよりあったほうがいいですが、このところの危険運転に絡む問題からもドライブレコーダーの設置は必須となってきました。

車買取りの査定員も、ドライブレコーダーの有無はチェック項目として持っていますが、上記で説明した通り、付いていればなんでもいいというものではありませんので、多大な期待はしないほうがいいかもしれません。

もし、査定において思ったほど、ドライブレコーダーに対しての評価が低かった場合、ドライブレコーダーを外して車を売却するという判断も正しいと思います。