1. TOP
  2. メルカリ・ヤフオク:個人売買・オークションで車を売るメリット・デメリット

メルカリ・ヤフオク:個人売買・オークションで車を売るメリット・デメリット

個人オークション 車

車を売る場合、一般的には、

  • 車購入時にディーラーに下取ってもらう
  • ガリバーやT-upなどテレビCMでも御馴染みの買取会社に査定してもらう

ですが、もう1つオークションで売るという方法があります。

今回は、そのオークションについて紹介したいと思います。

 

個人がオークションで車売る方法について

オークションで車売る方法には、大きく分けて2通りあります。
1つは個人で、もう1つは業者に依頼してという2種類。
 
 

個人でオークション/個人売買(ヤフオク・メルカリ)に出す

まず、個人で車をオークションに出す方法は、だれでも出品できるネットのプラットフォームを利用する方法です。

最近では、ヤフオク!やメルカリでも、車を出品する人もいます。

メルカリ 車

メルカリと言えば、今飛ぶ鳥を落とす勢いの誰でも簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリですね。

自分の設定した金額で売ることができ、落札されなくてもお金がかからないということで非常に便利な部分もあります。

しかし、車ならではの問題もあります。

個人売買やネットオークションで車売る場合には、取り引きリすべてを自分自身で管理する必要があります。

落札された後の代金の受け渡しやクレーム対応なども含まれ、おもちゃや安い商品であれば、購入者もそれなりの心構えができているのでクレームは少ないですが、車となると変な購入者に当たってしまうとクレームだけにとどまらず、そのリスクは計り知れません。

車の場合、
車種・年式という1つの枠組みでくくることができますが、乗り方や扱い方によって、車の消耗度はかなり変わってきます。

また、個人売買で車を購入しようとする人が少ないという問題もあります。

消費者の気持ちとなって考えてみればわかりますが、
一般的には買取会社に買い取ってもらうはずなのに、なぜ個人売買で出品するのか?

その多くは、査定価格が著しく低かったり、査定価格する付かない欠陥車、また、場合によっては事件性のある車の場合ですらあります。

いわくつきの車である可能性が高い個人間オークション、個人売買との想定もできるわけですから、そのリスクを知っておく必要があります。

車は日が経つうちにその価値は下がっていきますので、即売れればいいのですが、一向に売れる気配を見せず、価格をどんどん下げていくという負の連鎖には陥らないようにしましょう。

最後に、個人での取引でもう1つ気にしなくてはいけないのが
名義変更や保険、税金等の手続です。

個人売買での一番の障壁はこの部分です。

名義変更などが行わなければ、自動車税、自賠責保険、重量税の還付などが継続してかかります。

勿論、オークションや個人取引が成立しない間も取られ続けます。

これらの手続き、購入者は購入者で各種登録を行いますが、販売者本人も変更・解約の手続きが必要となりますので、きちんと行わう必要があり、少々面倒なことも覚悟しておくことでしょう。

 
 
車売る オークション

オークションを業者に依頼する

もうひとつのオークション方式は
買取業者などの中古車を専門に扱う人だけが参加できる業者間で行われているものに出品する方法です。

業者間オークションで車売る場合、個人では参加できませんので、専門業者に依頼することになります。

個人売買・オークションと違い、落札された後の手続き等は依頼した専門業者が行ってくれるのでその部分では面倒な手続きを省くことが叶となります。

しかし、依頼費用や車の移動にかかる費用がかかるため、自分の思い通り金額で売れたとしても諸経費などを考えるとうま味がない場合があることも考えておくといいでしょう。
 
車売る
 
上記のような専門業者への依頼費用は、業者ごとに定められていますのでまちまちです。

例えば、落札代金の何パーセントのみで、他の費用はかからないところがありますし、一定の依頼費用と車の移動にかかる費用としているところもあります。

また、オークション仲介者は、全ての会社が安心してお願い出来る会社とは限らず、
必要な書類として提出書類を悪用されたり、権利を持っていかれたり、正直ここに関しては、想像の域を出ないことも認識おきましょう。

どのような業者を選べば良いのかは、
いくらで車が売れるのかによりますので予想落札額と費用の関係をよく調べるのが肝要です。

ユーカーパックなら安心してオークション依頼可能

ユーカーパック

ローラさんがCMを務めるユーカーパックは、
車買取業者1000社が参加しているオークションサイトに、出品から売却までを代行してくれるサービス(仲介手数料無料)です。


公式サイトはこちら

【ユーカーパックで注意すること】
オークション全般に言えることですが、査定額が売却価格になるとは限りません。
概算価格を元に、出品価格を決めるわけですが、その値踏みに失敗するとかなり安く売却してしまったり、逆に売れないという状況に陥ります。

さらに、ユーカーパックの場合、売買が成立してからキャンセルができません。
よって、
出品前には、車一括査定で相場をしっかり確認してから出品するといいでしょう。
 

車を売るなら一括査定が人気のワケ

車を個人で売るのは正直面倒であることは、なんとなく分かってきたと思います。

自分で値段を付けられるメリットの反面、売れない時のリスク、面倒な手続き、購入者・落札者とのやり取り・クレーム対応は正直、おもちゃを売るレベルをはるかに超えています。

そこで、自分の設定金額そのものでは車を売ることは出来ませんが、複数の会社に査定してもらうことで自分の納得の金額に近づけることができるのが一括査定です。
 


  • なるべく早く・高く・売りたい!

  • 安心できる車買取会社で売却したい!

  • 自動車ローンが残ってても問題なし!

  • 机上査定ならしつこい営業も回避


全国完全対応、利用は完全無料ですし、もちろん、査定結果(概算見積もり)を見てからの売却検討でOKなので、気軽に確認できます!

車査定・買取の窓口


複数の買取会社から連絡が来ることがなく、あなたにあった業者を1社に絞って紹介してくれます
車査定・買取の窓口:バリュークリエーション株式会社
今ならQUOカード1000円分プレゼントキャンペーン中
車査定・買取の窓口詳細はこちら

ズバット車買取比較.com


手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。
ズバット車買取比較
貴方の愛車の最高価格を知るには、また、高額を狙うならズバット車買取比較をチェック!
今なら現金10万円プレゼントキャンペーン中


ズバット車買取詳細はこちら

かんたん車査定ガイド


完全無料!32秒の簡単入力で最大10社へ依頼が可能です。
車を売るならかんたん車査定ガイド
簡単入力、スピード査定で愛車の買い取り価格が一発でわかる”1秒査定”オススメです。
今月限定10万円、もしくは1万円が当たるプレゼントキャンペーン中!!

かんたん車査定ガイド詳細はこちら

カーセンサー.net


中古車検索や中古車販売などの中古車情報なら「カーセンサーnet」!
カーセンサー.net
カーセンサー詳細はこちら

カービュー


みんカラ(carview)の中古車買取一括査定。
中古車買取店の概算を一括で比較、中古車の高額見積もりがわかります
カービュー車売却
期間限定10万円プレゼントキャンペーン中
カービュー詳細はこちら

 

愛車を売る
 

契約書・各種手続きについて
  • 即日買取。
  • 高価買取。
  • 即現金。

車の買取・オークション・個人売買いろいろな方法で車を売る・手放す方法はあります。

来るを売る理由も

  • 新しい車を購入したいから
  • 使わなくなったので処分したい

いろいろな事情があるかと思います。

今回、オークションや個人売買を紹介しましたが、車を購入時はいろいろな手続きを経て購入したもの。

思い出してください。
車庫証明、印鑑証明、委任状等などその手続くは複雑なものがありました。

そして、そこにはご自分の個人情報が盛り沢山。

ヤフオクやメルカリで転売した場合、登録情報をそのままにしておくと、最悪の場合、あなたの名義のまま悪用される可能性すらあります。
また、名義変更や抹消手続きが完了しないでおくと税金も発生します。

そんな愛車だから最後までしっかりと手続き怠ってはいけないことは当たり前です。

車売る

手続きをするには、陸運事務局で各種申請を行います。

この処理をしないと任意保険の入れ替えや一時中止処理も出来ません。

また、自動車税、自賠責保険、重量税の還付や税の停止処理等もあります。

簡単に売るのではなく、しっかりとした売却先を選定する必要もあります。

買い取り額も大切ですが、信頼できる買取店とは契約書を発行し、その内容をわかりやすく説明してくれるお店ではないでしょうか。

契約書の内容をしっかり説明してくれる買取店は安心で信頼できます。

簡単に売るのではなく、売った後が大切なんです。

思い出が詰まった愛車の最後は、しっかりと安心して信頼できるところにお願いしたいものです。

面倒な移転登録を業者に任せたい

愛車を手放す場合には、当然のこととして所有者の名義変更を伴うため、運輸支局や軽自動車検査協会での移転登録の手続きが必要となります。
移転登録の手続きにあたっては、印鑑証明などの所定の書類を準備しなければならないほか、役所の管轄が異なる場合はナンバープレートの付け替えも必要になるなど、個人ですべて行うにはたいへん面倒なものです。
中古車を売るには、友人など相手に直接引き渡すという場合を除けば、オークションにかけるか中古車査定業者またはディーラーに依頼するというのが一般的です。
直接の引渡しやオークションの場合については、行政書士に書類作成を依頼するなどして、個人の責任で行わなければなりませんが、中古車査定業者などを経由する場合については、ほとんどの業者でこうした手続きを代行してもらえるので便利です。
こうした手続きには所定の手数料などがかかりますが、業者によっては有料で引き受けるという場合と、サービスの一環として無料で引き受ける場合とがあります。