車 売る

電気自動車(EV車)とは?近い将来、ガソリン車販売禁止になるの?車買取にも影響が出るのか?

電気自動車(EV)が注目を集めた!!

フランスのニコラ・ユロ環境相が
「ガソリン自動車を販売禁止します」
と7月6日、地球温暖化対策の国際枠組「パリ協定」を遵守する取組みの一環として、2040年までに内燃機関を動力とする自動車の販売・生産を禁止すると発表した。

また、中国でも中国工業情報省の辛国斌次官が、ガソリンや軽油を燃やすエンジン車の生産・販売を禁止する検討に入ったことを明らかにしました。

言い換えれば
2040年までにガソリン車の存在を無くすということですが、この発表によってフランスだけでなく日本への影響はどうなっていくのでしょうか?

車を売るときにガソリン車の価値が下がってしまうのか?ガソリン車が売れない時代が来るのか?

今回は、注目の電気自動車(EV)を中心に、また、ガソリン車の行く末を考えてみたいと思います。

EV

電気自動車(EV)ってなに?

EVは「Electric Vehicle(エレクトリック ビークル)」の略です。

日本では、そのまま「電気自動車」と訳され、ガソリンは使わず、バッテリー充電された電気で走る車です。

電気を生み出す方法は幾つかありますが、最も現実的で既に実用化されているのは、充電式の電池をエネルギーとする車です。

充電池の技術開発ペースは速く、過去に積み重ねられてきた蓄積が多いので、安定性と安全面の両方において、この方式が採用されたのはある意味で必然的です。

電気自動車 バッテリー

この記事を読む

ズバット車買取比較.comで車を売る

このページをご覧になっているということは、
愛車の売却においてズバット車買取比較.comを検討しているということですね。
1円でも高く、そして有利に車を売るためのマル秘情報を紹介します。

ズバット車買取比較の評判・口コミ

プリウスが高く売れました

プリウスを売ることにしたのですが、ズバット車買取比較を利用したところ査定の申込みの手間が省けて便利でした。
最初は一社ずつ申し込みをしようとしていたのですが、一括で申し込みをすることができると知ったので試してみたのです。
申し込みの方法も車の情報を入力して、査定をしてもらいたい業者を選ぶだけで良かったので簡単でした。
情報を送信したあとはすぐに業者から連絡があり、メールで仮の結果を知ることができました。
実際に査定を受けてみても複数社から見てもらったことで、金額の比較をしやすく結果的に高く売れました。
こちらで査定を行いました

納得以上の金額で車を売ることができました

不要になった車があり、どこで売ろうか困っていました。
一括査定ができるズバット車買取比較を利用してみることにしました。
一括査定なので、時間も手間も省くことができとても助かりました。
売るのは大変だと思っていましたが、とても簡単でスムーズに話も進み売ることができ満足しています。
一括査定なので、気になる数社を比較検討できたので良かったです。
入金も早くて、不要になった車を納得の価格で売ることができ満足しています。

この記事を読む

かんたん車査定ガイドで車を売る

かんたん車査定ガイドの評判・口コミ

【感謝】やっぱりい一括査定ですね。

車を買い替えるために、ディーラーに引き取りをお願いしましたが、9年乗ったエスティマは10万円にも満たず、落ち込んでいました。
そこでかんたん車査定ガイドを利用し、エスティマを売ることを考えました。
ネットにメーカー名、車種名、年式、走行距離と個人情報を入力しただけで、簡単に査定額が出てきました。
ディーラーの価格よりも、12万円上がり、22万円で売却することができ、そのお金でカーナビとドライブレコーダーをつけることができました。

私が車を売ったかんたん車査定ガイド

新車の購入資金に満族の金額でした

私は新しい車が欲しかったので、今使っている車を下取りに出して少しでも足しにしたいと思っていました。
売る場所によって下取りの値段は違いますので、一括査定を受けることにしました。
いろいろ見比べてみたところ、かんたん車査定ガイドで売ることに決めました。
利用実績も高く、最大10社の査定会社を利用することができるので見比べやすかったです。
10社の中から一番査定額が高いところで売ることができて、とても満足しました。

比較できるのはうれしいですね

結婚することになり、車を一台にすることにしたので、私の車の方が古いということで売ることにしました。
就職してから8年間乗ってきたので、結構古いし本当に売れるかなとちょっと不安でしたが、友人がかんたん車査定ガイドを利用するといいよと教えてくれたので利用してみることにしました。
仕事終わりに自宅で簡単に入力するだけなので楽に査定を依頼することができました。
店頭で一度査定をしてもらった時よりもかなりの割合で高額な値段が付いたのでびっくりです。
一番高い値段をつけてくれた会社で売ることにしましたが損せずすんでよかったです。

口コミの続きはこちら

この記事を読む

車を売るとき:買い替え・乗り替えのタイミング・シチュエーション、ベストのタイミングとは?

自動車は、いつか買い替え、乗り替えをする時期がやってきます。

その車を売るタイミングは人によって異なります。

今回は、買い替えについていろいろなシチュエーションを挙げてみました。

乗り換えたいと思った

純粋に乗り換えたくなったというタイミングです。

長年同じ自動車を所有していて、リフレッシュしたい時などに、乗り換えを検討する人が多いのは事実です。

新しい自動車に乗れば、気分的にも盛り上がりますので、乗り換える人がいます。

欲しい車が出てきた

欲しい車が出てきた場合です。

自動車業界は日進月歩が著しい業界です。

それ故に、新しいタイプの自動車が発売されますと、欲しくなってしまうものです。

自分の車に古さを感じたり、デザインに古さを感じてしまうと、欲しい車に目移りしてしまいます。

慎重に吟味して、本当に欲しい自動車だと思った場合は、買い替え、乗り換えのタイミングと言えるでしょう。

車検のタイミング

車検前のタイミングで自動車を買い替え、乗り換えする人は多いです。

車検時期というのは、販売店の決算時期に重なる場合が多いです。

それは、販売店が自動車を販売する際に、決算時期に在庫を抱えたくないため値下げをするからです。

また、車検を通す前と後とでは、買取や下取りの査定額が異なってきます。

車検を通した後の方が査定額が低くなる傾向にあります。

ですから、車検時に買い替え、乗り換えをすると下取りや買取の査定額が下がらない上に、購入する自動車の値引きも期待できますので、自動車の買い替え、乗り換えのタイミングとしてはベストと言えるでしょう。

車検のタイミング

家族が増えた・減った

家族が増えた・減ったという場合に自動車の買い替え、乗り換えをするケースがあります。

家族が増えた場合ですと、ミニバンやステーションワゴン、SUVといった室内空間の広い自動車が必要となってきますので、買い替え、乗り換えの対象となります。

その一方で、家族が減った場合は、それほど大きな自動車を所有する必要もなく、家族が同乗できる程度のコンパクトな自動車で良いので、大きな自動車を所有していた人は買い替え、乗り換えの対象となります。

また、コンパクトな自動車に乗り換えることで、維持費を安く抑えることが出来ることも利点として挙げられます。

事故した

事故した場合は、自動車の買い替え、乗り換えの対象となり得ます。

事故をしますと、自走できる状態に修理したとしても、真っすぐ走れない等といった自動車の運転に支障が出る場合があります。

自走できないほどに酷い事故を起こした場合は、自動車の買い替え、乗り換えをせざるを得ない状況となります。

走行距離10万キロ

走行距離10万キロを超えた場合は、自動車を買い替え、乗り換えをする一つの目安となります。

走行距離が10万キロを越えますと、下取りや買取の際の査定額が低くなります。

10万キロを大きく超えてしまいますと、下取りや買取の際の値段が付かない場合があります。

よって、走行距離10万キロでの買い替え、乗り換えというのは一つの目安となります。

走行距離10万キロ

燃費が悪くなった

燃費が悪くなった場合に自動車を買い替え、乗り換えをする場合があります。

年式が古くなったり走行距離が増えてきますと、エンジンの性能が劣化してきますので、新車のような燃費を期待することは出来ません。

ですから、年式が古かったり走行距離が多くなりますと、ガソリン代といった維持費が増加します。

このまま乗り続けるのは経済的ではないと判断した場合に、自動車の買い替え、乗り換えを検討することがあります。

査定をしたら思ったより高かった

査定で高く売れると分かった時に、自動車の買い替え、乗り換えをする場合があります。

査定額というものは時期によって変動するものです。

査定額が高いと、買い替え、乗り換えをする際の出費が少なくて済みます。

査定額の変動については、自動車販売ディーラーや中古車香取業者が把握していますので、相談しながらベストのタイミングで自動車を売却し、乗り換えるのが理想的と言えるでしょう。

順位
一括査定サイトズバット車買取比較かんたん車査定ガイドカーセンサー.netカービュー
価格登録無料登録無料登録無料登録無料
簡単登録1分入力45秒入力90秒入力1分入力
評価 5/5
5/5
5/5
5/5
⇒詳しくはこちら⇒詳しくはこちら⇒詳しくはこちら⇒詳しくはこちら

自動車税

自動車税との兼ね合いで自動車を買い替え、乗り換える人がいます。

現在では、ハイブリッド車が主流となってきましたので、自動車税が優遇されます。

ですから、従来のガソリン車を所有していた人にとっては、維持費が安くなるという訳です。

また、近年はダウンサイジングターボも登場しました。

排気量が小さいターボですから、自動車税も安くなります。

このような点を鑑みて、自動車の買い替え、乗り換えを検討する人が増えています。

リコール

車のリコール

車のリコールが発生した場合に乗りかえるというケースもあります。

1度や2度のリコールならまだしも、複数回にわたってリコールが発生するような車種については、運転している側としても不安になりますので、自動車の売却が頭をよぎります。

そして、リコールされていない車種へ買い替え、乗り換えを検討するようになるのです。

このような場合は、車検の時期や走行距離に関わらず、自動車の買い替え、乗り換えをする場合が多いです。

まとめ
このように、自動車の買い替え、乗り換えのタイミングは様々ですが、ベストのタイミングとしては、車検前ということになるでしょう。

この記事を読む

燃費をよくする20の方法!ガソリン代節約には燃費向上が大きなポイント!

車を売ろうと考えるときを考えると

  • 新しい車を買いたくなった
  • 故障・動きに支障をきたすようになった
  • 走行距離が10万キロを超えた
  • 燃費が悪くなったと感じた

などがあると思います。

今回は、燃費に関して深く掘り下げてみたいと思います。

燃費のいい車にできれば高く売れるかもしれない。
燃費向上

燃費を良くする方法

急発進

急発進はガソリンの消耗を促進してしまいますので控えることが大切です。

発進をする時にはいきなり強く踏み込むのではなく、じわじわと優しく踏み込みゆっくりと加速していくのが節約のコツと言えます。

急加速

急加速も良くありません。

大きなエネルギーを必要としてしまいますので、極力控えた方が良いと言えます。

ただし追い越しが必要なシチュエーションでのんびりとした加速ですと危険な場合もありますから、時には適宜調整することも必要です。

急ブレーキ

急ブレーキも控えるようにした方が良いでしょう。

大きく減速をすれば発進にもエネルギーが必要になりますので、必要な時以外は使わないようにすると共に、必要になるシチュエーションになるような運転も控えなければいけません。

エンジンブレーキ

エンジンブレーキを活用することで燃費は良くなります。

アクセルを離すことによって摩擦によるブレーキが発生し、ガソリンを消費せずに速度の調整ができます。

余計な加減速も不要になり優しい運転が行えるのです。

燃費 エンジンブレーキ

加速の仕方

発進をする際に早めの加速を行うのもポイントです。

これは早めに目的の速度に達するようにするということであり、だらだらと加速をするよりもガソリンの消費を抑えられます。

無論、急発進になるようではいけませんので優しい発進が大切です。

速度を保つ

一定速度を保つのもテクニックのひとつで余計な加減速を控えることでガソリンの節約になります。

速度を保つのが苦手な場合は足の位置が悪かったり、かかとが浮いてしまっていることもありますので見直してみた方が良いでしょう。

車間距離

適度な車間距離を保つことも心がけた方が良いと言えます。

車間距離が近いと前の車の速度に影響されやすくなりますので、結果的に余計なガソリンを使ってしまいます。

適切な距離を空ければ気持ちにも余裕が生まれ安全運転ができます。

速度調整

停止している車を早めに発見して速度を調整するのもポイントです。

例えば前方に赤信号で停まっている車がいるのならアクセルを離して加速をやめ、エンジンブレーキでじわじわと速度を落としていきます。

タイヤの空気圧

タイヤの空気圧の調整も行いましょう。

空気圧が低いと摩擦が強くなってしまいますので燃費にも影響します。

しかしながら高すぎてしまうと摩擦が弱くなりブレーキのききが落ちて危険です。

そのため適切な値に維持するように心がけなければいけません。

タイヤの摩耗

タイヤの摩耗や弾力の低下にも要注意です。

摩耗が進むと本来の性能を発揮できなくなります。

また、劣化が進んだタイヤですといざという時にブレーキがききにくかったり、バーストする恐れもありますので安全のためにも早めの効果が必要です。

エコタイヤ

エコタイヤに交換をするのも節約効果に期待ができることのひとつです。

燃費性能を高めたタイヤも登場しており、手軽にガソリンを節約することができます。

燃費 タイヤ

アイドリング

アイドリングも控えるようにしましょう。

できるだけ余計なエンジンは切るようにした方が良いですし、

ことアイドリングに関しては消耗も小さくありませんので、例えばコンビニなどでの停車中に乗っているだけなら切った方が節約になります。

暖機運転

暖機運転も控えた方が良いと言えます。

古い車の場合はしばらくエンジンを動かしてから動き出した方が良かったですが、現代の車は特に不要ですぐに発進しても問題はありません。

ただ寒い日に窓ガラスが曇っているなどの場合はきちんと取り除いてから発進をするのが基本です。

エアコン

エアコンは極力使用しないのも節約になります。

コンプレッサーを動かすためにはエネルギーが必要ですので、ガソリンの消耗に繋がります。

しかし曇り取りのためにも必要な場合もありますから、安全を優先して必要な時は出し惜しみせずに使うことも大切です。

リラックス運転

リラックスをして運転をするのも心がけた方が良いでしょう。

イライラや時間に追われる焦りなどによって運転が荒くなると燃費に影響します。

視野も狭くなり事故のリスクも増しますので、気持ちを落ち着けて運転をするようにしましょう。

荷物の積みすぎ

荷物をなるべく載せないようにするのも心がけたいことであり、余計な荷物があると車体に負担になります。

トランクや後部席が荷物置き場になっているようなら要注意です。

ルート選び

ルート選びもポイントです。

余計なところを走ればガソリンも無駄に消耗してしまいますので、目的地までの距離が近いルートや渋滞の少ないルートを選ぶようにしましょう。
渋滞を避けることもルート選びで大きなウエイトを占めます。

ルート選び

ガソリンを入れる量

ガソリンを満タンにしないのもコツと言えます。

満タンに入れてしまうと重量がアップしますので燃費も悪くなります。

ですから半分くらいの給油に留めるように心がけるのも有効です。

ガソリンスタンド選び

できるだけ安いところでガソリンを入れるのも結果的に節約になります。

そのためお得なガソリンスタンドを押さえておいたりクレジットカードなどの割引サービスを活用すると良いでしょう。

車の買い替え・乗り換え

車を買い替えてしまうのもひとつの選択肢です。

古い車では性能が劣ってしまうのも仕方なく、そもそも工夫をしても節約をすることは難しいと考えられます。

また、部品やパーツなどの劣化、故障の増加などでコストもかかりますので、新しくしてしまった方が長い目で見ると良いこともあります。

燃費の悪い車を売る

燃費の悪い車を高く売るには

車は乗り続ければ、必然的に性能は落ちます。

走行距離が増えれば、車の評価は落ちます。

あわせて、燃費も購入時に比べどんどん悪くなっていきます。

乗り換えの時期として、燃費を考えたときが絶好の時期です。

ガソリン代が高い中、長年連れ添った愛車に乗り続けれるか?

燃費のいい車に乗り換え、新しい伴侶をもうけるか?

後者の方が、ランニングコストの部分でもお得ですし、また、気分も変わります。

ただ、新しい車を買う資金をどうするか?

今乗っている車を売ることができるのか?

ここが買い替えの大きいなポイントとなるでしょう。

燃費が悪い車でも高く売れます!

車は、新車はもちろん、中古車、燃費の悪い車、走行距離が一定を達した車、事故者まで売ることができます。

これは、日本車の価値が高いことにより、国内に限らず海外でも需要が高いからです。

国内では、誰でも手を出さない車でも、海外では高い需要があります。

また、国産車に使われている高精度なパーツも評価に値します。

を売るときに考えておきたいのが、一括車査定です。

複数の買い取り会社に査定を依頼することで、中古車でも10万、20万の査定価格の差が出てきます。

ここで、少しでも高く売ることができれば、新しい車への乗り換えも実現かのうですね。

順位
一括査定サイトズバット車買取比較かんたん車査定ガイドカーセンサー.netカービュー
価格登録無料登録無料登録無料登録無料
簡単登録1分入力45秒入力90秒入力1分入力
評価 5/5
5/5
4/5
4/5
⇒詳しくはこちら⇒詳しくはこちら⇒詳しくはこちら⇒詳しくはこちら

車売却の口コミ・体験談

燃費が悪くなったので車を乗り換えることにしました

最近燃費が悪いなと感じていました。何とかならないかと思い、燃費向上の添加剤などを試しましたが大きな効果は現れませんでした。
乗っていたのは13年式の軽自動車で、走行距離も10万㎞を超えていて古くなってきていますし仕方ないのかなと思い、思い切って乗り換えをしました。車種は軽自動車のエコカーです。
最近の車は非常に良くなっています。
リッターで約30㎞も走行可能なので、私が以前乗っていた車よりも倍以上走ってくれます。
またパワーも全然違いました。グイグイ引っ張ってくれる感じがして乗り心地も快適です。
やはり車には寿命があります。特に軽自動車は10万㎞走ると不具合などが多くなってきます。
燃費などに不満を感じ始めたら車の乗り換えをおすすめします。

燃費をよくすることをいろいろ試したけどダメでした

燃費をよくすることをいろいろ試しましたが、若干の改善にしなかったので一括査定で高く売って買い替えました。
車を長い期間運転する上で重要視される燃費。自分の前に乗っていた車は、初年度登録が平成14年のトヨタのクラウンマジェスタでした。
中古で友人から譲り受けてから、1ヶ月にかかる燃料代は5万。燃費はリッター5キロ程でかなりのガソリンを消費していました。
しかし、クラウンマジェスタが好きだったので燃費を良くしようとタイヤの空気圧を上げてみたり、アクセルの踏み込みを抑えたりしましたが若干改善されるだけでした。
インターネットなどを見てもどう改善してもリッター10キロに届かないと分かると、買い替えを視野に入れ始めました。
結局、自分が知っている車を高く売る方法の、一括見積もりで売却し、今は燃費のいい軽自動車も考えましたがトヨタのプリウスに乗っています。

この記事を読む

ローンが残っている車を売ることは可能か?下取りをしてくれるのか?

ローンが残っている場合、

  • 車を売ることができるのか?
  • 下取りをしてくれるのか?

車を売ってもローンが残る場合は、どうすればいいのか?

自動車ローンの組み方にもよって変わってきますので、実例と共に説明します。

自動車ローンが残っている車を売るシチュエーション

ローンが残っている状態で車を売るシチュエーションを考えると

  • 新しい車が欲しくなった・乗り換えたくなった
  • 車を売ってローンを返してもおつりがくるので売却したい
  • 維持費(自動車保険・駐車場代)が払えなくなった

などが挙げられます。

自動車ローンは自動車を購入する際に利用できるローン商品のことですが、自動車ローンといってもいくつかの種類がありますので紹介しましょう。

ローンが残っている車

マイカーローンとは

自動車ローンで知られるものとしては銀行などの金融機関が提供しているマイカーローンなどと呼ばれているものです。

この場合は金融機関に出向いて申し込みを行い、審査によって融資が可能かどうか、また融資が可能であれば、どの程度まで金額が可能かといったことを教えてくれます。

この融資可能な金額を聞いてから、購入手続きを行うというものです。

このタイプの自動車ローンではあくまでも融資ですが、自動車を購入をするという目的があるためカードローンなどとは異なって比較的、金利が低めに設定されています。

また個人向けの中では需要の高いローン商品ですので、住宅ローンとともにローン商品の主力としている金融機関も多くあります。

金利も2%から3%前後が一般的です。

特にメリットとしては新車のほか中古車やオートバイといったものにも利用することができます。

ディーラーローンとは

一方で、金融機関が提供する自動車ローン以外としてはディーラーローンがあります。

これは販売店の系列、または提携している信販会社がローンを提供しているもので、実質的には自動車の分割払いになります。

メリットは金融機関の自動車ローンと異なって、購入の段階で審査の申し込みが行えるということです。

また審査基準も比較的緩やかで手続きもディーラーがほとんど行ってくれるので手間なく購入することができるというメリットがありますが、デメリットとしては通常時の金利が高く8%前後が設定されます。

ただキャンペーンによっては金利が5%前後まで下がる時もあります。

また最大のデメリットとしては保有者が信販会社のものになるということです。

ローン残っている車

自動車ローンの審査基準

自動車ローンは、ローンですので審査を受ける必要があり、審査で十分な返済能力があると判断されることではじめて融資が可能になります。

このため当然ながら無収入であれば利用することができませんし、安定した収入がなければやはり利用することは困難です。

自動車ローンの審査基準としては、ほとんどのケースで20歳以上の成人であることです。

中には18歳以上で保護者の同意と保証人とすることができれば利用できるものもあります。

収入に関する条件は提供する会社によって異なり、安定した収入がある人としたものから、一定規模の年収があることが条件になります。

現実として自動車ローンでは100万円程度のローンを組むことになるので、少なくとも年収は100万円以上あるのが好ましく可能であれば200万円以上は必要です。

ただ現実としては購入する自動車の金額で年収は大きく変わってきます。

このため少なくとも年収と自動車の購入価格が同じ程度と考えるのが妥当です。

ただ自動車ローンは目的ローンですし、また地域によっては生活に必要な道具ということもあって、よほど無理な借り入れであると判断されなければ利用することは可能です。

ローンが残っている車のディーラー下取りは可能か?

ローンを返済中の自動車を売ることは、ローンの種類によって変わってきます。

ディーラーローンなどは所有者が信販会社のものとなっているので勝手に売ることはできませんが、金融機関の自動車ローンの場合には所有者が購入者となっているので問題なく下取りが可能です。

このためディーラーローンなど所有者が信販会社となっている場合に売却するためには借り入れている金額を一括で返済する必要があります。

ただし自動車ローンを組んだディーラーと同じところの場合には、一括返済をせずに借り入れを追加するといったことが可能なケースもあります。

ローンが残っている車の下取り

車査定・車買取は可能か?

中古車買取店でも所有権が購入者にある場合には問題なく売却できます。

一方で所有権がない場合にはやはり一括返済をして所有権を手に入れる必要がありますが、中古車買取店の中には、そのため資金を融資してくれるところもあります。

このためディーラーローンの残債があっても、中古車買取店からお金を一時的に借りて、所有権を得てから買取を行うといったことも可能です。

順位
一括査定サイトズバット車買取比較かんたん車査定ガイドカーセンサー.netカービュー
価格登録無料登録無料登録無料登録無料
簡単登録1分入力45秒入力90秒入力1分入力
評価 5/5
5/5
4/5
4/5
⇒詳しくはこちら⇒詳しくはこちら⇒詳しくはこちら⇒詳しくはこちら
ローンが残っている車を売却しました:私の体験談
ローンが残っている車を売りました

持っていた車が2ドアの小さな車だったので、子供が生まれるために買い替える必要がありました。
2ドアではチャイルドシートを載せられなかったからです。
そのときにネックになったのがローンです。まだ返済が完了しておらず、所有権は自分にありませんでした。
しかし、大手の買取店に相談したところローンが残っている状態でも売ることが可能なことが分かり無事に買い替えることができました。
その仕組みは、売って手に入るお金を残りのローンの支払いに充てるというものです。
幸い残債が売った金額を下回っていたため、追加のお金を支払うこともなくスムーズに売却することができました。新しい車で赤ちゃんを迎えることができたので助かりました。

新車がほしかったので、自動車ローンが残っていましたが、高く売って乗り換えました

普段、通勤や買物に使っていたセダンがパワーや収納に物足りなさを考えたのですが、まだ自動車ローンが残っているので、完済するまでは我慢しようと考えていました。
しかし、テレビで車の情報番組を見たときに、デザイン、スペックともに理想的なSUVが紹介されており、ひと目で欲しいという気持ちが大きくなりました。
我慢しなければという思いもありつつも、頭からその車のことが離れず、妻に相談してついに購入の許しを得ることが出来ました。
今乗っているセダンですが、自動車ローンが残っていても売ることができる事は知っていたので、買取業者に持っていくと、想像していたよりも高く売ることが出来ました。
そのおかげで新車のSUVの購入資金をなんとか工面する事ができました。

車を売ってもローンが残る場合

車を売ってもローンが残る場合には金融機関のマイカーローンでは返済を続けなければなりません。

ディーラーローンはそもそも一括返済しなければ売ることができませんが、一括返済が出来ない場合にはローンを返済するためのローンを提供しているところもあります。

いずれにしても残債は返済することが求められます。

車を売ってローンが残る場合:現金で決済する

ローンが残っている車で所有権がある場合には、所有権を得るためには現金で決済してしまう方法がもっともはやい方法ですが、そのような事ができない場合には新たにローンを組む必要があります。

車を売ってローンが残る場合:次の車のローンに上乗せ

一方で同じディーラーローンの場合には、次の車のローンに前の車のローンを上乗せすることができるケースもあります。

この場合には余計な手続きをせずにスムーズに新しい自動車をローンで購入することができます。

この記事を読む

高齢の親(父親・母親)に車の運転をやめさせたい・免許返納にあわせて車を高く売るには?

ニュースで高齢者の事故がよく取り上げられる
テレビのニュースなどで悲惨な自動車事故が報道されていますが、

最近、よく目にする問題となっているのが高齢ドライバーが引き起こしてしまった事故です。

この高齢者ドライバーの事故ですが、

さすがに酒酔い運転や酒気帯びと言うような質の悪いものを見かけるのは少ないのですが、逆に、後方確認が不十分慌ててしまったうっかり事故と言えるものが事故が目立ちます。

高齢者ドライバー事故

高齢者ドライバーの事故の種類

高齢ドライバーの事故の原因について少し掘り下げてみたいと思います。

高齢ドライバーの事故の原因として、アクセルとブレーキの踏み間違いということが結構目立ちます。

たとえば、
上り坂に駐車していた車をバックで横に動かし、そこから発車しようというようなケースの場合、
車を動かし始めたとき、前に行かないで下がってしまうとギアがバックに入っていることを忘れ、前進させようとして、急いでアクセルを踏んでしまうというような行動になりがちです。

このとき、咄嗟(とっさ)にブレーキを踏めば事故は免れることができるのですが、大半は慌ててしまうということになりがちなのです。

その結果、
スーパーの立体駐車場から転落してしまったとか、かわいい孫をバックでひいてしまったという悲惨な結果にもなってしまっています。

高齢による運転の障害

高齢による運転の障害はいくつかあります。

  • 瞬間的な判断力が鈍くなる
  • 反射神経が遅くなる
  • 視力の低下
  • からだの老化

などがあります。

若いころには考えられなかった瞬間的な判断力の衰え、反射神経を働かせるまでの時間の長さ、視力が弱くなったり、老眼また遠視などの目の衰えは、乱視を狭くし事故への根本的な対応の鈍化にもつながります。

もちろん、地方にお住まいの高齢ドライバーは、普段の生活でも車運転が不可欠ですから毎日のように運転しており、

都会のサンデードライバーに比べれば、運転技術や判断力、反射神経も衰えないということはできますが、

一般的に言えば、年齢とともに、運転に関する適性は衰えるということは否定しようがないのです。

家族で返納に誘導

高親に車の運転をやめさることができるか?

高齢ドライバーの身体的な衰えからくる事故の事例を見ると

どこかで運転することを断念する必要がありますが、人間はいつまでも若くありたいという気持ちが捨てられません。

この事実を認めることは大変難しいことには違いありません。

自分で気づく高齢ドライバーはいいとして、周囲の人をハラハラさせる高齢ドライバーの場合は、家族や周りの人がそれとなく、言ってきかせる必要が出てきます。

高齢の親であれば、子どもとして何がしかのメッセージを発し、事故を起こしてしまう前に、車を卒業させることを真剣に考えなければなりません。

車の運転の話を切り出すタイミング

まず、話を切り出すタイミングですが、テレビのニュースなどが流れているときがときもっとも効果的です。

とはいえチャンスとばかりに畳みかけないで、布石を打つくらいから進めましょう。

一刻も早くという感じで迫れば、反発が生まれます。

家族で返納に誘導するには

家族で自動車免許の返納を誘導するに当たって、いくつかのステップに分けて誘導する必要があります。

車の運転に機会を減らす

車の依存度を減らすことが、返納へ誘導するための最初のステップです。

健康を口実に、今まで車を使っていたところまで歩くことをすすめたり、また、一緒に歩く習慣をつけたり・・・。

車の運転も少なくなってきたので事故の可能性も低くなりますし、
あわせて、お父さんもそろそろ卒業証書をもらう時期だねというメッセージを送りやすくなります。

自分自身を見つめ直させる

事故はあくまでも、最終的な結果です。

その前には、事故にはならなかったけど、危険をはらむ状況は多々起きています。

同乗して感じたことを伝えたり、また、

何かヒヤリとしたこと、ハッとしたことない?を、自分で自分のことを振り返ってもらうことも重要です。

高齢による運転の障害

ハインリッヒの法則

1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するというもの。

そのハインリッヒの法則「1対29対300」をもとに、ヒヤリやハッしたことが多くなると、いずれ大きな事故につながるよねというようなことも意識してもらいます。

数字を把握させる

車には、当たり前ですが、お金がかかります。

車の維持費、車検・保険・ガソリン・駐車場代・自動車ローンなど、金銭的に車を手放すことでの経済的なメリットがあることを伝えます。

維持費だけではお金に対してのメリットを感じにくいので、今乗っている車を売った場合、幾らで売れるのか?
調べるのも良いでしょう。

日本車は世界的に評価を得ている車なので、国内に限らず海外での再利用も含め高く車を売ることが可能です。

車を高く売る方法をトップぺーじで紹介しています
>> トップページへすすむ <<

家族で運転免許書を返納させるときに気をつけること

高齢ドライバーにもプライドがあります。

免許書の返納を促すに当たっても、これを傷つけないように進めることです。

あくまで自主返納であって、強制はできないということも踏まえてです。

家族としては、自動車事故などで親には晩節を汚して欲しくないというような気持ちで接することです。

自主返納によって得られるメリットも:運転経歴証明書など

高齢ドライバーが自主返納を行うことで、自治体によっては公共交通機関の割引などというメリットもあります。

そして、免許を返納する代わりに卒業証書として、運転経歴証明書を受け取ることができるというメリットもあります。

これは高齢ドライバーにとっては、表彰状的な意味合いもあります。

同時に、それまでは免許証が様々な身分証明になっていたのですが、運転経歴証明書は写真入りで、運転免許証のような体裁になっており、その後の身分証明書として使用することが可能です

運転経歴証明書の交付申請ができる期間は、運転免許証の取り消しを受けてから5年以内ですから、このことには注意が必要です。

運転経歴証明書の交付申請ができる場所

  • 運転免許証センター
  • 運転免許試験場
  • 警察署

で申請できます。

運転経歴証明書交付申請の必要なもの

  • 運転免許証
  • 申請用写真1枚
  • 住民票・健康保険証・パスポートなど身分証明できるもの
  • 印鑑
  • 手数料

が必要です

これらの手続きについてもあらかじめ確認して、高齢ドライバーが気分を損なうことなく移行できるように配慮することも忘れてはならないことです。

人はいつまでも若くありたい、歳をとりたくないという気持ちが、いくつになってもあるということは忘れてはならないことだからです。

この記事を読む

必要な書類とは

車を買取り店などに売る際には、いくつかの書類が必要になります。スムーズに車を売るためには、これらの必要書類をあらかじめ準備しておくといいでしょう。

車売るときに必要な書類とは

車売る際に必要な書類としては、まず車検証があります。車検証は車に常備しておくのが基本ですので、紛失している人はほとんどいないと思われますが、もし紛失してしまっているのであればすぐに再発行してもらう必要があります。

この再発行は管轄の陸運支局でおこなえます。

車売る時の書類
また自賠責保険証も必要です。これについても車を乗っている人にとっては必要不可欠のものですが、もし紛失している場合は保険会社で再発行してもらえます。

さらに車売る際には自動車税の納税証明書も用意しなければいけません。

車売る

毎年5月に納めている自動車税ですが、この税金をきちんと支払っている証明が車売る際にも必要になるのです。

紛失している場合は軽自動車なら市区町村役場の担当課、普通自動車なら都道府県の税事務所で再発行してもらえます。

これら以外にもリサイクル券や印鑑証明書、さらに車検証の住所と印鑑証明書の住所が異なる場合には住民票が必要です。

譲渡証明書や委任状も必要ですが、これらは基本的に業者側で用意されているので問題ないでしょう。

この記事を読む

即日現金化は可能でしょうか

急な出費などで、車を即日現金化したい場合はどうするのでしょうか。これは、売る時の手順を知ってからにしますと、わかりやすいでしょう。
まず、売る時には、その価値を決める査定を受けなければなりません。査定は、出張でもしてもらえますが、最終的には、売却する業者の工場で詳しくみてから買取価格が決まることがほとんどです。そのため、査定を受けるのでしたら、業者の工場まで持ち込むほうが有利です。
車売る

次に、名義変更の手続きがあります。必要書類は、普通車の場合、車検証、自賠責保険証明書、納税証明書、印鑑登録証明書、実印、身分証明できる免許証等が必要です。また、売却できるのは、車検証に記載されている所有者だけですから、もし売主がそうでない場合には、別の書類も必要です。そして、現在登録してある住所と車検証の住所が違っている場合にも戸籍謄本等の追加書類が必要です。

車を売る時に即日現金化は可能でしょうか

このような流れで売却が進みますので、即日現金化は、査定から買取価格が決まるまでの時間との戦いがひとつあります。

もうひとつは、名義変更の書類が揃っているかです。
車 売る

この2つがクリアーできましたら、後は業者の提示する買取価格に納得できるかです。

なお、お金の受け渡しは、銀行振込が多いですが、現金払いできる業者もあります。この点は調べてから業者を決めると良いでしょう。

この記事を読む

契約書を確認しましたか?

即日買取。高価買取。即現金。いろいろな広告を目にする昨今、下取りや処分で検討されたことはありますか?
代替えでディーラーの査定が安かった。
使わなくなったので処分を考えてる。
いろいろな事情があるかと思います。
車とはいろいろな手続きを経て購入したもの。
愛車を売る
車庫証明、印鑑証明、委任状等、ご自分の情報が記載され個人情報が盛り沢山です。
名義変更や抹消手続きが完了しないでおくと税金が発生します。

そのまま転売されてしまえばあなたの名義のまま悪用される可能性もあります。
そんな愛車を最後までしっかりと手続きをしてもらいたいのは当たり前のことです。

車売る

手続きをするには、陸運事務局で各種申請を行います。
この処理をしないと任意保険の入れ替えや一時中止処理も出来ません。
また、自動車税、自賠責保険、重量税の還付や税の停止処理等もあります。
簡単に売るのではなく、しっかりとした売却先を選定する必要があります。


買い取り額も大切ですが、信頼できる買取店とは契約書を発行し、その内容をわかりやすく説明してくれるお店ではないでしょうか。
契約書の内容をしっかり説明してくれる買取店は安心で信頼できます。
簡単に売るのではなく、売った後が大切なんです。

思い出が詰まった愛車の最後は、しっかりと安心して信頼できるところにお願いしたいものです。

この記事を読む

▲ページトップに戻る