電気自動車(EV車)とは?近い将来、ガソリン車販売禁止になるの?車買取にも影響が出るのか?

電気自動車(EV車)とは?近い将来、ガソリン車販売禁止になるの?車買取にも影響が出るのか?

電気自動車(EV)が注目を集めた!!

フランスのニコラ・ユロ環境相が
「ガソリン自動車を販売禁止します」
と7月6日、地球温暖化対策の国際枠組「パリ協定」を遵守する取組みの一環として、2040年までに内燃機関を動力とする自動車の販売・生産を禁止すると発表した。

また、中国でも中国工業情報省の辛国斌次官が、ガソリンや軽油を燃やすエンジン車の生産・販売を禁止する検討に入ったことを明らかにしました。

言い換えれば
2040年までにガソリン車の存在を無くすということですが、この発表によってフランスだけでなく日本への影響はどうなっていくのでしょうか?

車を売るときにガソリン車の価値が下がってしまうのか?ガソリン車が売れない時代が来るのか?

今回は、注目の電気自動車(EV)を中心に、また、ガソリン車の行く末を考えてみたいと思います。

EV

電気自動車(EV)ってなに?

EVは「Electric Vehicle(エレクトリック ビークル)」の略です。

日本では、そのまま「電気自動車」と訳され、ガソリンは使わず、バッテリー充電された電気で走る車です。

電気を生み出す方法は幾つかありますが、最も現実的で既に実用化されているのは、充電式の電池をエネルギーとする車です。

充電池の技術開発ペースは速く、過去に積み重ねられてきた蓄積が多いので、安定性と安全面の両方において、この方式が採用されたのはある意味で必然的です。

電気自動車 バッテリー

電気自動車時代は2040年から思ったら大間違い!!

日本ではまだ正式発表で出ていませんが、
トヨタ・日産・本田等を抱える日本だけに発表も時間の問題です。

仮に2040年に完全販売停止となれば、少なくとも10年前(2030年)の段階で50%程度の普及になっていてもおかしくありません。

また、電気自動車に買い替える人が増えてくれば、必然的にガソリンの需要が減ります。となれば、ガソリンの値段もどうなるかわかりません。

勿論、揮発油税、一般的に言われるガソリン税ですが、これが、現状年間
揮発油税・・・2兆3940億円
地方揮発油税・・・2562億円
だけでの税収があるので、すぐにこの税収を捨てるという判断はわかりませんが、石炭から石油などの資源革命と同じ勢いで、ガソリンへの依存が少なることは、自然かもしれません。

そこで、今乗っている車の価値だけでも確認し、今後の車ライフを考えませんか?

ズバット車買取比較.com

手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。
ズバット車買取比較
貴方の愛車の最高価格を知るには、また、高額を狙うならズバット車買取比較をチェック!
今なら現金10万円プレゼントキャンペーン中

ズバット車買取詳細はこちら

かんたん車査定ガイド

完全無料!32秒の簡単入力で最大10社へ依頼が可能です。
車を売るならかんたん車査定ガイド
簡単入力、スピード査定で愛車の買い取り価格が一発でわかる”1秒査定”オススメです。
今月限定10万円、もしくは1万円が当たるプレゼントキャンペーン中!!

かんたん車査定ガイド詳細はこちら

カーセンサー.net

中古車検索や中古車販売などの中古車情報なら「カーセンサーnet」!
カーセンサー.net
カーセンサー詳細はこちら

カービュー

みんカラ(carview)の中古車買取一括査定。
中古車買取店の概算を一括で比較、中古車の高額見積もりがわかります
カービュー車売却
期間限定10万円プレゼントキャンペーン中
カービュー詳細はこちら

電気自動車とハイブリット車の違いは?

電気自動車とハイブリッド車との違いは、従来のガソリンエンジンを搭載しているかどうかで、純粋に電気だけで動くか否かが最も大きな差です。

ハイブリッド車の仕組みは、ガソリンで動くエンジンがメインで、電気で駆動するモーター部分は、回生エネルギーを使った補助的な動力です。

また、走行する環境に応じて、エンジンとモーターが切り替わりますから、走りの感覚が電気自動車とは異なるのも違いです。

電気自動車はもう少しシンプルで、動力はモーターのみですし、燃料の補充はコンセントの給電がその代わりとなります。

代表的な電気自動車を紹介します

国内外の各社共に力を入れていて、日本のメーカーも注力している分野だと分かります。

電気自動車:日産 ノート

日産 ノート
日産のノートは、価格と性能のバランスが良く、デザイン性が優れていて、走行時の加速が気持ち良いと評判です。

国内では、常に上位に入っているほど人気ですから、定評のある車だと見えることができるでしょう。

電気自動車:日産 リーフ

日産 リーフ
同じく日産が販売するリーフは、世界で初めて量産化された電気自動車で、世界で20万台以上の販売実績があります。

マイナーチェンジによって、着実に改良が進んでいますから、実績と定評も合わせて、安心して選べる車の一つでしょう。

電気自動車:三菱 アイミーブ

三菱 アイミーブ
国産車としては、三菱のアイミーブも人気で、200万円の価格帯で選択肢となっています。

ベースモデルは若干古めですが、現在も改良が続けられていますし、他社に引けを取らない性能が認められているので、素性の良い車だと考えられます。

こちらも加速性能が好評で、従来の電気自動車にあった、走りの弱さが改良されていると評価されています。

電気自動車:トヨタ ミライ:MIRAI

トヨタ ミライ
トヨタのミライ:MIRAIは、水素燃料方式に分類される広義の電気自動車で、一般的な電気自動車とは様々な点で違いがあります。

燃料に水素を使い発電して走行するので、コンセントから充電することはできませんし、ハイブリッド車のようにガソリン駆動も行えません。

エネルギーは完全に水素に依存していますから、電気自動車の方式に水素が普及するのを前提とした、一歩先行く車だといえるでしょう。

価格帯は700万円台と比較的高額で、水素ステーションの普及や重量の軽量化など、まだまだ改良の余地はありますが、車名の通り未来を感じさせてくれるのが魅力です。

電気自動車:テスラ

テスラ
世界的な国内の車メーカーがある日本にとって、既存の技術を組み合わせて作られたテスラは、黒船的なメーカーの車だと表現できます。

電気自動車としては、充電池を搭載する何の変哲もない仕組みで、長期計画によってインフラ整備まで行うトヨタとは、異なる方向性やコンセプトから生まれています。

1千万円前後の価格帯に位置するので、電気自動車の中ではとても高価な印象ですが、航続距離や加速性能には申し分がなく、先進技術の採用で高性能かつ新しい物好きに人気です。

電気自動車(EV)の普及が予想される昨今、EV関連の日本企業を15社
日産自動車が2017年10月に2代目リーフを発売するため、あらためてEVに注目が集まっています。EV関連企業と聞くと、自動車メーカー以外をイメージできない人も珍しくないと思いますが、日本にはEV関連製品やEVに搭載される部品を製造している会社が数多く存在します。この記事ではEV関連の日本企業を15社紹介します。
トヨタ自動車トヨタ自動車です。トヨタ自動車は長年にわたって燃料電池車を次世代自動車の中心として開発してきました。しかし、2016年の年末にEV事業企画室を社内ベンチャーとして設立し、2020年までに電気自動車の生産体制を整えると公表しています。さらに2022年には量産を目指すことも発表しています。
日産自動車日産自動車です。日産自動車がEVの開発に着手したのは1970年代からで、製品化以前からモーターショーにコンセプトカーを出品しています。現在主流となっているリチウムイオン電池を搭載したEVを世界で初めて発売されたのは日産で、車種はプレーリージョイEVです。2010年に発売した初代リーフは、日本で最も普及しているEVとなっています。
本田技研工業本田技研工業です。本田技研工業は2017年6月に、EV専用の車種を開発すると発表しました。以前からPHVなどのエコカーの開発に力を入れていましたが、これからはEV専門の組織を研究所内に立ち上げ、EV車両の性能向上に一層努めることを発表しています。
三菱自動車三菱自動車です。三菱自動車はEVの時代が来ると予想し、以前から開発に力を入れてきた自動車メーカーです。EV専用車であるi-MiEVに加え、PHVのアウトランダーも販売しています。燃費表示不正問題でルノー・日産グループに吸収されることが明らかになっていますが、ルノー・日産グループもEVの開発では業界をリードしている存在であるため、三菱自動車がこれまで培ってきたEV関連技術は活用されていくものと思われます。
ニチコン京都京都市に本社を置くニチコンです。ニチコンは自動車部品や電源・照明関連製品を製造しており、EV車用の急速充電器も製造・販売しています。さらにEVのバッテリーから家庭に電気を供給するEVパワーステーションも販売しています。
黒田精工黒田精工です。黒田精工は金型システムや工作機械を製造している会社です。EV関連ではモーターの回転を担う部分であるモーターコアを自動車メーカーに供給しています。
三井ハイテック北九州市八幡西区に本社を置く三井ハイテックです。三井ハイテックはプレス用精密金型などの製造・販売をしている会社です。EV関連では黒田精工と同様にモーターコアを製造しており、米国にも生産拠点を抱えています。
明電舎東京都品川区に本社を置く明電舎です。明電舎は放送されているCMからもわかるとおり、鉄道関連設備などの製造・販売をしている会社です。EV関連製品としては、駆動用のモーターとインバーターを製造しています。
富士電機富士電機です。富士電機は自動販売機などの身近な製品も製造している電機メーカーです。過去にEV用の急速充電器製造していて再び開発を始めることも考えられます。
日本ユニシス東京都江東区に本社を置く日本ユニシスです。日本ユニシスはサービスビジネスやコンピューターシステムの開発や販売などしています。EV関連ではトヨタメディアサービス、豊田自動織機と協力して全国EV・PHV充電マップというスマートフォン向けアプリを提供しています。このアプリでは全国の充電ステーションを検索することができます。
日東電工日東電工です。日東電工はディスプレーの周辺材料などを製造している会社です。PHVとEVの共用充電スタンドを製造していて、家庭用のPHV・EV用充電コンセントも製造しています。
新日本電工新日本電工です。新日本電工は、徳島工場と鹿島工場を生産拠点として合金鉄を製造していいます。多くのEVに用いられているリチウムイオン電池の正電極に使用されるマンガン酸リチウムの製造で世界1です。
日本セラミック1975年創業の日本セラミックです。日本セラミックは赤外線センサーや超音波センサー、電流センサーなどを製造しています。この中でも電流センサーは電気をエネルギーとするEVにも搭載されていて、EVと大きな関わりのある企業です。
日本高度紙工業日本高度紙工業です。日本高度紙工業は70年にわたってコンデンサ用のセパレータを作り続けている会社です。アルミ電解コンデンサ用セパレータや電池用セパレータなどを製造していています。電池用セパレータはリチウムイオン電池に使用されているため、EVの普及が進むにつれて製造が拡大する可能性があります。
イリソ電子工業イリソ電子工業です。イリソ電子工業は神奈川県横浜市に本社を構えていて、身の回りの様々なもので使用されるコネクタを、幅広く製造している会社です。EVに用いられる高効率・大電流対応のコンバーター用の新型コネクターを開発しました。

電気自動車 メリット

電気自動車のメリットは、走行時に大気汚染物質を出さなかったり、エンジンより振動音も発生しにくいので、快適なドライブが楽しめることです。

更に、給電はコンセントのある場所で行えるので、ガソリンスタンドに出向かずに済むのもメリットです。

ガソリンが漏れるような危険性はありませんし、気になる臭いが発生しないのも嬉しいポイントです。

低温環境下でも、問題なく動作する安定性がありますから、ガソリン車のように凍り付きが心配になることもなくなります。

メンテナンスの必要性や、パーツの交換頻度はガソリン車以下なので、長期的な維持費が節約できるのも利点です。

電気自動車 メリット

電気自動車 デメリット

電気自動車のデメリットは、音が静か過ぎて歩行者が接近に気付きにくいこと、一度の給電で走れる航続距離が短い二点です。

前者は、エンジン音に代わる音声の発生で解決しますから、決して深刻なデメリットとは考えられていません。

どちらかといえば、問題なのは後者の方で、このデメリットの解決が各社の課題となっています。

単純に充電池を増やすだけでは、車両全体の重量が増加してしまいますし、軽量化するにも限界があります。

充電池の性能向上は、航続距離の改善や電池の長寿命化など、電気自動車の魅力アップに結び付くので、電池が将来性や可能性を秘めています。

EVに必要な充電池・バッテリー関連企業

EVへの移行が見えている今、バッテリー関連企業の需要・技術向上が高まっています。
そこで、注目されているバッテリー関連の上場企業を紹介します

「EV」「電気自動車」企業
4098:チタン工業5453:東洋鋼鈑5713:住友金属鉱山5805:昭和電線HD5970:ジーテクト
5986:モリテック6292:カワタ6505:東洋電機製造6508:明電舎6617:東光高岳
6618:大泉製作所6619:ダブル・スコープ6651:日東工業6768:タムラ製作所6807:日本航空電子
6816:アルパイン6844:新電元工業6859:エスペック6866:HIOKI6912:菊水電子工業
6914:オプティクスG6996:ニチコン6998:日本タングステ9478:SE H&I

電気自動車の存在におけるガソリン車の今後

ガソリン車の今後を大胆予想すると、これからは少しずつ電気自動車に置き換わるものと想像できます。

電気自動車がガソリン車に代わる為には、車両価格の低下と、同等以上の性能向上が条件になるでしょう。

ガソリン車の未来は、電気自動車が進化するペースと、ガソリン車が求められる需要に左右されます。

20年先は分かりませんが、少なくても10年から15年先はまだ、多くのガソリン車が走っている未来がイメージできます。

ガソリン車の今後

▲ページトップに戻る