車を売るとき:買い替え・乗り替えのタイミング・シチュエーション、ベストのタイミングとは?

自動車は、いつか買い替え、乗り替えをする時期がやってきます。

その車を売るタイミングは人によって異なります。

今回は、買い替えについていろいろなシチュエーションを挙げてみました。

乗り換えたいと思った

純粋に乗り換えたくなったというタイミングです。

長年同じ自動車を所有していて、リフレッシュしたい時などに、乗り換えを検討する人が多いのは事実です。

新しい自動車に乗れば、気分的にも盛り上がりますので、乗り換える人がいます。

欲しい車が出てきた

欲しい車が出てきた場合です。

自動車業界は日進月歩が著しい業界です。

それ故に、新しいタイプの自動車が発売されますと、欲しくなってしまうものです。

自分の車に古さを感じたり、デザインに古さを感じてしまうと、欲しい車に目移りしてしまいます。

慎重に吟味して、本当に欲しい自動車だと思った場合は、買い替え、乗り換えのタイミングと言えるでしょう。

車検のタイミング

車検前のタイミングで自動車を買い替え、乗り換えする人は多いです。

車検時期というのは、販売店の決算時期に重なる場合が多いです。

それは、販売店が自動車を販売する際に、決算時期に在庫を抱えたくないため値下げをするからです。

また、車検を通す前と後とでは、買取や下取りの査定額が異なってきます。

車検を通した後の方が査定額が低くなる傾向にあります。

ですから、車検時に買い替え、乗り換えをすると下取りや買取の査定額が下がらない上に、購入する自動車の値引きも期待できますので、自動車の買い替え、乗り換えのタイミングとしてはベストと言えるでしょう。

車検のタイミング

家族が増えた・減った

家族が増えた・減ったという場合に自動車の買い替え、乗り換えをするケースがあります。

家族が増えた場合ですと、ミニバンやステーションワゴン、SUVといった室内空間の広い自動車が必要となってきますので、買い替え、乗り換えの対象となります。

その一方で、家族が減った場合は、それほど大きな自動車を所有する必要もなく、家族が同乗できる程度のコンパクトな自動車で良いので、大きな自動車を所有していた人は買い替え、乗り換えの対象となります。

また、コンパクトな自動車に乗り換えることで、維持費を安く抑えることが出来ることも利点として挙げられます。

事故した

事故した場合は、自動車の買い替え、乗り換えの対象となり得ます。

事故をしますと、自走できる状態に修理したとしても、真っすぐ走れない等といった自動車の運転に支障が出る場合があります。

自走できないほどに酷い事故を起こした場合は、自動車の買い替え、乗り換えをせざるを得ない状況となります。

走行距離10万キロ

走行距離10万キロを超えた場合は、自動車を買い替え、乗り換えをする一つの目安となります。

走行距離が10万キロを越えますと、下取りや買取の際の査定額が低くなります。

10万キロを大きく超えてしまいますと、下取りや買取の際の値段が付かない場合があります。

よって、走行距離10万キロでの買い替え、乗り換えというのは一つの目安となります。

走行距離10万キロ

燃費が悪くなった

燃費が悪くなった場合に自動車を買い替え、乗り換えをする場合があります。

年式が古くなったり走行距離が増えてきますと、エンジンの性能が劣化してきますので、新車のような燃費を期待することは出来ません。

ですから、年式が古かったり走行距離が多くなりますと、ガソリン代といった維持費が増加します。

このまま乗り続けるのは経済的ではないと判断した場合に、自動車の買い替え、乗り換えを検討することがあります。

査定をしたら思ったより高かった

査定で高く売れると分かった時に、自動車の買い替え、乗り換えをする場合があります。

査定額というものは時期によって変動するものです。

査定額が高いと、買い替え、乗り換えをする際の出費が少なくて済みます。

査定額の変動については、自動車販売ディーラーや中古車香取業者が把握していますので、相談しながらベストのタイミングで自動車を売却し、乗り換えるのが理想的と言えるでしょう。

順位
一括査定サイトズバット車買取比較かんたん車査定ガイドカーセンサー.netカービュー
価格登録無料登録無料登録無料登録無料
簡単登録1分入力45秒入力90秒入力1分入力
評価 5/5
5/5
5/5
5/5
⇒詳しくはこちら⇒詳しくはこちら⇒詳しくはこちら⇒詳しくはこちら

自動車税

自動車税との兼ね合いで自動車を買い替え、乗り換える人がいます。

現在では、ハイブリッド車が主流となってきましたので、自動車税が優遇されます。

ですから、従来のガソリン車を所有していた人にとっては、維持費が安くなるという訳です。

また、近年はダウンサイジングターボも登場しました。

排気量が小さいターボですから、自動車税も安くなります。

このような点を鑑みて、自動車の買い替え、乗り換えを検討する人が増えています。

リコール

車のリコール

車のリコールが発生した場合に乗りかえるというケースもあります。

1度や2度のリコールならまだしも、複数回にわたってリコールが発生するような車種については、運転している側としても不安になりますので、自動車の売却が頭をよぎります。

そして、リコールされていない車種へ買い替え、乗り換えを検討するようになるのです。

このような場合は、車検の時期や走行距離に関わらず、自動車の買い替え、乗り換えをする場合が多いです。

まとめ
このように、自動車の買い替え、乗り換えのタイミングは様々ですが、ベストのタイミングとしては、車検前ということになるでしょう。

▲ページトップに戻る