いまさら聞けない自動車保険の基礎知識を紹介します

自動車保険とは・仕組み

自動車保険は、車を運転中に事故を起こし相手に対して発生する損害賠償責任を補償するための保険です。

相手に対する損害賠償項目は、治療費や持ち物の修理費買い替えの代金・交通事故に遭ったことで仕事を休み減ってしまった収入など多岐にわたります。

また、交通事故の被害者は、ケガや持ち物の損壊に加えて精神的にも多大な苦痛を受けます。

加害者になってしまうと、この精神的な苦痛に対しても慰謝料の賠償金を支払わなくてはなりません。

自動車保険では、対人損害や対物損害、収入の損害、精神的な苦痛に対する損害賠償の責任を補償する仕組みです。

自動車保険とは

自動車保険の必要性

車を運転中に事故を起こすと、相手に多大な損害を与えてしまいます。

人身事故で死亡事故のケースでは、その相手の方が一生涯に受け取るはずであった収入にあたる賠償金や亡くなった本人および遺族に対する慰謝料と、賠償金は莫大な金額になります。

また物損事故であっても、事故の相手の車の車種によってはかなりの賠償金となります。

仕事を休んだ分の休業補償や後遺障害が残ってしまった場合には将来にわたって失われる収入も逸失利益として損害賠償請求されます。

このようにいろいろな面での損害賠償を考えると、自力での賠償は困難なケースも多く自動車保険は必ず必要な保険です。

保険の内容

自動車保険の内容は、対人損害賠償補償対物損害賠償補償が中心です。

対人賠償と対物賠償は、車を運転中に事故を起こしてしまった時に相手に対して発生する賠償責任を補償する制度です。

この二つの補償を柱に、自分の車が壊れてしまった場合に補償が受けられる車両保険や自分の車に乗っていた人を運転者も含めてケガなどの人身補償をする搭乗者傷害補償などが組み合せることができます。

また自動車保険には、交通事故を起こして加害者となってしまった場合に損害賠償の内容について相手と話し合う示談交渉を代行するサービスがついているのが一般的です。

また、被害者になった場合に弁護士に相談する費用が補償される弁護士費用特約を付加することも可能です。

対人損害賠償補償

自賠責・任意とは

自動車保険と言っても、自賠責と任意というふたつの種類があります。

自賠責は国の制度で、被害者が最低限の救済を受けられることを目的に作られています。

法律で全ての車両に加入が義務付けられている自賠責は、強制保険として知られています。

しかし自賠責では被害者の最低限の救済を目的にしているので補償範囲は人身損害のみと狭く、保障額にも限度があります。

事故によっては自賠責では補償をカバーできないこともあるので、それを補うのが任意保険です。

任意保険では、自賠責で補償されない対物損害賠償や自分の車の補償も付けることができます。

自賠責はどこの損保会社で契約しても料金・保険料ともに同一ですが、任意の方は保険会社ごとに内容が異なります。

通販型?代理店型?

自動車保険の契約形態には通販型代理店型があり、それぞれに特徴やメリットがあります。

それぞれの特徴をよく理解し、自分に合った契約形態を選び必要な補償が得られるプランに契約することが大切です。

自動車保険 契約形態

通販型自動車保険とは

通販型自動車保険はダイレクト契約とも呼ばれ、インターネット環境があれば損保会社のホームページなどから契約手続きができます。

通販型自動車保険の特徴は、24時間いつでも都合のいい時に手続きができることと代理店型の契約に比べて保険料が割安に設定されていることです。

これは、オンラインで手続きをすることによって保険ショップの人件費やペーパーベースの申込書代など中間マージンが削減されていることによります。

代理店型自動車保険

代理店型の自動車保険は、保険ショップなど損保会社のお店に行って対面式で申し込みをするスタイルです。

人件費などが削減されている通販型に比べると料金は高めですが、直接説明を受けながら自動車保険に申込み手続きができるという安心感があるのがメリットです。

事故対応力全て同じなの?

通販型・代理店型ともに、自動車保険に契約していれば万が一交通事故を起こしてしまった時には相手との示談が成立するまで損保会社がサポートをしてくれます。

事故対応については、24時間体制で365日対応が可能かどうかを最初に確認しておくと安心です。

ロードサービスって何?

ロードサービスというのは、運転中の事故やトラブルの時にサポートが受けられるサービスです。

遠方での事故における宿泊費や交通費の補償、事故車のレッカー移動、ガス欠故障時の給油サービスなどがロードサービスの代表です。

ロードサービスの内容については自動車保険のプランごとにどこまで補償されるかが異なります。

例えば事故車のレッカー移動については、移動距離の上限がプランごとに決まっています。

自動車保険を選ぶ時には対人賠償補償対物賠償補償やいろいろな特約、料金とともにロードサービスの内容も比較しておくと安心です。

ロードサービス

自動車保険の選び方

通勤や通学など、日頃から自動車の運転をされている方々にとって、自動車保険はどうしても必要なものです。

しかし、保険会社や保険の内容によってその保障内容や保険料は様々であり、どの保険にしたらよいか迷うものでしょう。

重視している所ベスト5

当サイト調べの自動車保険で重視したいところを5つ挙げると

  • 「保険料」
  • 「事故を起こした時の対応」
  • 「オプション」
  • 「保険会社の雰囲気」
  • 「保険会社の知名度」

でした。

保険料は文字通り、保険に入るために保険会社が提示している料金です。

基本的に保障内容が手厚い程、料金も高くなる傾向にありますが、年齢によって金額がことなることを御存知でしょうか。

生命保険など、他の保険同様自動車保険も加入時などの年齢によって保険料は異なり、若い人ほど高くなります。

これは運転免許を取得したばっかりで運転技術が未熟な頃は事故を起こす可能性が比較的高く、運転技術もまだまだ未熟です。

運転実績が長くなる40代や50代の方と比べると保険料は約1.3倍になります。

同じ保障内容でも保険会社にって保険料が異なる場合もありますので安い所を探すと良いでしょう。

等級と保険料の関係

等級も知っておきたいところです。
保険には1級から20級までの等級制度というものがあり、「ノンフリート等級」とも呼ばれます。

原則、保険の新規契約時は6級からのスタートとなり、保険を使うような大きな事故を事故を起こさなければ等級は翌年度は等級が1等級上がり、保険料も徐々に安くなっていきます。

逆に、事故を起こすと等級は翌年度に3等級も下がっていくので保険料も割り増しとなります。

但し、対象の事故が自然災害や盗難、いたずらなどの偶発的な原因であることが認められれば、1等級だけ下がることもあります。

安い保険料を見つけたとしても、等級が下がると保険料も大きく値上がりする場合もありますので確認が必要になります。

自動車保険 使用目的

使用目的による保険の選び方も大切

保険加入時、車の「使用目的」を問われます。
多くは仕事での業務や通勤、通学に買い物、旅行、私用になるかと思いますがこの使用目的の内容によっても保険料はことなります。

事故におけるリスクが最も高い業務は保険料も高い傾向にあります。

逆に、業務に比べて使用頻度が低い日常やレジャーなどは用途が限られてくるため保険料も安くなります。

結婚や転職など、あらゆるタイミングで自動車の使い方は変ってきます。

適切な設定にしているか、定期的に確認すると良いでしょう。

ちなみに、保険加入時に使用目的は申請しますが安いからといって誰もが日常やレジャーを選択することはできません。

年間で週5以上自動車を業務で使用する場合など、頻繁に使用している場合は業務用として申告しなければなりません。通勤や通学時にも、注意点はあります。

年代別:保険の選び方

これらを総合的に比較しするのが「年代別:保険の選び方」です。

前述した通り、等級によって保険料は異なりますが同じ等級でも割引率割増率年齢条件が適用されます。

現在、国内には自動車保険の提供を行っている会社は約20社ありますが、長い歴史を持った会社もあれば最近新しく起業した会社、国内専門から外資系まで幅広い状態となっており、取り扱っている保険の内容も様々です。

しかし、それらに共通することは加入者の年代ごとに保障内容が大きくことなっていることであると言えるでしょう。

事故を起こすリスクが高い20代であれば保険料が少し高くても保障内容が手厚い所がお勧めです。

30代になると事故のリスクも減るのでどの保険会社にも入りやすくなります。

保険会社側も1人でも保険加入者を増やそうと保険料を下げている傾向にありますので、複数の保険会社、保険内容を比較すると良いでしょう。

40代や50代は無事故のゴールド免許保有者が多い世代なので更に安い保険料を見つけやすいでしょう。

自動保険料を安くするための一括査定活用法

保険の見直しのタイミング

自動車保険の更新は1年に1回訪れます。

自動車保険の更新のタイミングは、自動車を購入した月日となることが殆どです。

それは、自動車の購入と同時に自動車保険に加入するからです。

現在、加入している自動車保険に何かしらの不満点(保険料など)がある場合は、自動車保険を見直す必要があると言えます。

自動車保険の見直しのタイミングとしては、自動車保険の更新時です。

更新する数ヶ月前から自動車保険を切り替えてしまいますと、損をすることになりますので、自動車保険の満期を迎える更新時が自動車保険の見直しのタイミングとしては最適です。

自動保険料を安くするための一括査定活用法

保険料を安くする方法

自動車保険を少しでも安く抑えたい場合は、複数の保険会社から自動車保険の見積りを取ることが望ましいでしょう。

そして、その中から安い保険料の自動車保険を探して契約するのです。

しかし、実際には複数の保険会社から資料を取り寄せ、その内容に目を通し、保険料の見積りを取るという作業は、時間と労力を費やします。

それが面倒で、現在の保険で妥協してしまうという事も多々あります。

一括査定とは?

そこで活用したいのが、自動車保険の一括査定サービスです。

一括査定はインターネットで出来ますから、手軽に利用できるサービスです。

自動車保険の一括査定を依頼しますと、複数社から見積りが提示されます。同時に複数社からの見積りを取ることが出来ますので、一括査定と呼ばれています。

一括査定のメリット

自動車保険の一括査定のメリットは、複数社の見積りを同時に取ることによって、自動車保険料の比較がその場で出来るという点です。

その中で、最も安く提示してきた保険会社が一見して分かるようになっています。

また、インターネットで一括査定が出来ますので、1社ずつ資料を取り寄せて見積りを取るといった時間と労力を省くことが出来ます。

一括見積りをインターネットで行った場合は、数分で複数社から見積り結果が提示されます。

この早さと瞬時に料金比較できるという点が、一括査定のメリットと言えるでしょう。

複数社申し込もう!

一括査定で見積り結果が提示されましたら、複数社の保険会社に申し込みます。

そして、保険の内容と料金を見ながら、どの自動車保険が適当か、よく検討し最終的に保険会社を決定します。

このように、一括査定サービスを利用すると、保険料金を安く抑えることができ、保険を選ぶ際の手間も大幅に省くことが出来るのです。

自動車保険会社でおすすめの10社

ソニー損保の紹介・口コミ

1999年に設立された、ソニー損害保険株式会社ですね自動車保険では走行距離が短い人ほど保険料を抑えられる仕組みなので、細かい設定をしているのが特徴です。契約予定よりも多く走ってしまった場合は、連絡すれば対応してもらえますね。私は自損事故を起こした際に連絡したことがあるのですが、対応速度が迅速だったので助かりましたね。保険も審査が適切だったため、満足のいくお金が下りました。
そのお金を使ったおかげで、車は傷一つない状態に戻ったので感謝しています。

アクサダイレクト紹介・口コミ

アクサダイレクトの正式名称はアクサ損害保険で世界最大の保険及び資産運用グループのアクサグループの一社ですね
生命保険と自動車保険に強みを持っています祖母がこちらの生命保険に加入していて、入院した際に何度かお世話になりました。入院費用とほぼ同じ価格が下りたので、その時は随分と助けられましたね。祖母は何度か入退院を繰り返したのですが、その度に電話をかけてしまったので、少し申訳ないと感じています。

全労災の紹介・口コミ

正式名称を全国労働者共済生活協同組合連合会と言い、略して全労災ですね。マイカー共済やこくみん共済、または新せいめい共済など、色々な保険に特化していますね。国民の生活を守るために活躍しているといったイメージがあります。
自動車保険に一時的ですが加入していたことがあります。使いやすかったため、また機会があれば利用してみたいですね。

SBI損保の紹介・口コミ

新規でもネットから見積もりや申し込みができて、がん保険や自動車保険に強みを持つ会社ですね。電話での対応もしていることから、困ったと感じた際の助けになりますね。電話で一度相談をしたことがあります。
他の保険会社は数分くらい待たされることが多いのですが、こちらの場合は1分もかからずに応対してくれたため、好感を持ちましたね
お客を待たせてはいけないという社員教育が行き届いている証拠と言えそうです。直接店にいかずにパソコンの画面で契約できるので、交通費がかからないのも良い部分ですね。

保険料金を安く抑える

AIU保険の紹介・口コミ

AIU損害保険会社はAIG傘下の保険会社ですねAIU保険はその略称ですが、読みやすく覚えやすいですね。海外旅行保険と損害保険に強みを持っていて、海外へ旅行へ行く人達を助けるのが仕事と言えます。結婚をした際に海外旅行へ行くことにしたのですが、その際にお世話になりました。
出発の1週間前だったのですが、保険会社の人々は喜んで契約を結ばせてくれましたね

そんぽ24の紹介・口コミ

SOMPOホールディングスの傘下で、自動車保険と損害保険に強みを持つ保険会社ですね
保険料の節約を検討した時に、こちらの資料を請求した経験があります。契約ではなく資料請求だけだったのですが、受付の人は喜んで私に手渡してくれたので嬉しかったですね。サポート体制が充実しているため、家族で加入についての話を相談したこともあります。

チューリッヒの紹介・口コミ

チューリッヒ保険はスイスに本店を置く保険会社で、1986年に日本支店が開設されました。自動車保険に強みを持っていて、テレビCMにも何度か出たことがあるため、知らない人はいないかもしれませんね。
医療保険については、契約をしたことがあります。いざという時のため契約しておいて損はないですね。

富士火災の紹介・口コミ

富士火災海上保険株式会社が正式名称で、AIGのグループ会社となっていますね。
損害保険業界ではその名を知らない人はいないです私は火災保険に加入していたことがあります。家が大雪の影響で傾いたので、その際の修理費用を捻出するため保険会社に連絡を入れました。業者の方が家に来て丁寧に審査をした後、お金を下りるように便宜を図ってくれたので、修理費用が安く済み助かったと記憶しています。

イーデザイン損保紹介・口コミ

ネットや携帯電話を使った自動車保険を扱った損害保険会社ですね。東京海上グループに所属しています。保険料の安さで有名なので保険に入ろうとした人達の中には、名前を知る人は多いと思われます。私はネットで契約をしたのですが、1万円ほど安く済ませることができました。お金に少し困っていた時期だったせいか、1万円の節約は有り難かったですね。なので今後も活用させて頂こうと考えています

東京海上日動の紹介・口コミ

東京海上ホールディングス傘下の完全子会社で、中核を担っている保険会社ですね自動車保険から火災保険または旅行保険など手広く扱っているので、私も何度か利用させて頂きました。特に旅行保険は家から遠い観光地へ行く時に加入したことがあります。入り方がわからなかったのですが、受付にお願いすると書類を用意してくれた後、記入するのを手伝ってくれました。そのことがあってからは、遠い所へ遊びに行く際は使うことにしていますね。

保険の見直しとともに車の買い替えを考えては?

多くの人は、車の乗り換え・買い替え時期に保険に加入する人が多いですが、
昨今では自動車保険を安くするために、別の会社に乗り換えることも多々あります。
その場合、手続きは名義変更、ナンバープレート交付、車庫証明などの手続きも必要となります。
ということで、この期間に車を新しくすることも検討してはいかがでしょうか?
一括査定で想像以上に高く売れる場合もありますので、タイミングの1つとして検討してはどうでしょうか?

▲ページトップに戻る