燃費をよくする20の方法!ガソリン代節約には燃費向上が大きなポイント!

車を売ろうと考えるときを考えると

  • 新しい車を買いたくなった

  • 故障・動きに支障をきたすようになった

  • 走行距離が10万キロを超えた

  • 燃費が悪くなったと感じた
などがあると思います。

今回は、燃費に関して深く掘り下げてみたいと思います。

燃費のいい車にできれば高く売れるかもしれない。
燃費向上


燃費を良くする方法

急発進

急発進はガソリンの消耗を促進してしまいますので控えることが大切です。

発進をする時にはいきなり強く踏み込むのではなく、じわじわと優しく踏み込みゆっくりと加速していくのが節約のコツと言えます。



急加速

急加速も良くありません。

大きなエネルギーを必要としてしまいますので、極力控えた方が良いと言えます。

ただし追い越しが必要なシチュエーションでのんびりとした加速ですと危険な場合もありますから、時には適宜調整することも必要です。



急ブレーキ

急ブレーキも控えるようにした方が良いでしょう。

大きく減速をすれば発進にもエネルギーが必要になりますので、必要な時以外は使わないようにすると共に、必要になるシチュエーションになるような運転も控えなければいけません。



エンジンブレーキ

エンジンブレーキを活用することで燃費は良くなります。

アクセルを離すことによって摩擦によるブレーキが発生し、ガソリンを消費せずに速度の調整ができます。

余計な加減速も不要になり優しい運転が行えるのです。


燃費 エンジンブレーキ

加速の仕方

発進をする際に早めの加速を行うのもポイントです。

これは早めに目的の速度に達するようにするということであり、だらだらと加速をするよりもガソリンの消費を抑えられます。

無論、急発進になるようではいけませんので優しい発進が大切です。



速度を保つ

一定速度を保つのもテクニックのひとつで余計な加減速を控えることでガソリンの節約になります。

速度を保つのが苦手な場合は足の位置が悪かったり、かかとが浮いてしまっていることもありますので見直してみた方が良いでしょう。



車間距離

適度な車間距離を保つことも心がけた方が良いと言えます。

車間距離が近いと前の車の速度に影響されやすくなりますので、結果的に余計なガソリンを使ってしまいます。

適切な距離を空ければ気持ちにも余裕が生まれ安全運転ができます。




速度調整

停止している車を早めに発見して速度を調整するのもポイントです。

例えば前方に赤信号で停まっている車がいるのならアクセルを離して加速をやめ、エンジンブレーキでじわじわと速度を落としていきます。




タイヤの空気圧

タイヤの空気圧の調整も行いましょう。

空気圧が低いと摩擦が強くなってしまいますので燃費にも影響します。

しかしながら高すぎてしまうと摩擦が弱くなりブレーキのききが落ちて危険です。

そのため適切な値に維持するように心がけなければいけません。



タイヤの摩耗

タイヤの摩耗や弾力の低下にも要注意です。

摩耗が進むと本来の性能を発揮できなくなります。

また、劣化が進んだタイヤですといざという時にブレーキがききにくかったり、バーストする恐れもありますので安全のためにも早めの効果が必要です。



エコタイヤ

エコタイヤに交換をするのも節約効果に期待ができることのひとつです。

燃費性能を高めたタイヤも登場しており、手軽にガソリンを節約することができます。



燃費 タイヤ

アイドリング

アイドリングも控えるようにしましょう。

できるだけ余計なエンジンは切るようにした方が良いですし、

ことアイドリングに関しては消耗も小さくありませんので、例えばコンビニなどでの停車中に乗っているだけなら切った方が節約になります。



暖機運転

暖機運転も控えた方が良いと言えます。

古い車の場合はしばらくエンジンを動かしてから動き出した方が良かったですが、現代の車は特に不要ですぐに発進しても問題はありません。

ただ寒い日に窓ガラスが曇っているなどの場合はきちんと取り除いてから発進をするのが基本です。



エアコン

エアコンは極力使用しないのも節約になります。

コンプレッサーを動かすためにはエネルギーが必要ですので、ガソリンの消耗に繋がります。

しかし曇り取りのためにも必要な場合もありますから、安全を優先して必要な時は出し惜しみせずに使うことも大切です。



リラックス運転

リラックスをして運転をするのも心がけた方が良いでしょう。

イライラや時間に追われる焦りなどによって運転が荒くなると燃費に影響します。

視野も狭くなり事故のリスクも増しますので、気持ちを落ち着けて運転をするようにしましょう。



荷物の積みすぎ

荷物をなるべく載せないようにするのも心がけたいことであり、余計な荷物があると車体に負担になります。

トランクや後部席が荷物置き場になっているようなら要注意です。



ルート選び

ルート選びもポイントです。

余計なところを走ればガソリンも無駄に消耗してしまいますので、目的地までの距離が近いルートや渋滞の少ないルートを選ぶようにしましょう。
渋滞を避けることもルート選びで大きなウエイトを占めます。


ルート選び

ガソリンを入れる量

ガソリンを満タンにしないのもコツと言えます。

満タンに入れてしまうと重量がアップしますので燃費も悪くなります。

ですから半分くらいの給油に留めるように心がけるのも有効です。



ガソリンスタンド選び

できるだけ安いところでガソリンを入れるのも結果的に節約になります。

そのためお得なガソリンスタンドを押さえておいたりクレジットカードなどの割引サービスを活用すると良いでしょう。



車の買い替え・乗り換え

車を買い替えてしまうのもひとつの選択肢です。

古い車では性能が劣ってしまうのも仕方なく、そもそも工夫をしても節約をすることは難しいと考えられます。

また、部品やパーツなどの劣化、故障の増加などでコストもかかりますので、新しくしてしまった方が長い目で見ると良いこともあります。



燃費の悪い車を売る
燃費の悪い車を高く売るには

車は乗り続ければ、必然的に性能は落ちます。

走行距離が増えれば、車の評価は落ちます。

あわせて、燃費も購入時に比べどんどん悪くなっていきます。

乗り換えの時期として、燃費を考えたときが絶好の時期です。

ガソリン代が高い中、長年連れ添った愛車に乗り続けれるか?

燃費のいい車に乗り換え、新しい伴侶をもうけるか?

後者の方が、ランニングコストの部分でもお得ですし、また、気分も変わります。

ただ、新しい車を買う資金をどうするか?

今乗っている車を売ることができるのか?

ここが買い替えの大きいなポイントとなるでしょう。




燃費が悪い車でも高く売れます!

車は、新車はもちろん、中古車、燃費の悪い車、走行距離が一定を達した車、事故者まで売ることができます。

これは、日本車の価値が高いことにより、国内に限らず海外でも需要が高いからです。

国内では、誰でも手を出さない車でも、海外では高い需要があります。

また、国産車に使われている高精度なパーツも評価に値します。

を売るときに考えておきたいのが、一括車査定です。

複数の買い取り会社に査定を依頼することで、中古車でも10万、20万の査定価格の差が出てきます。

ここで、少しでも高く売ることができれば、新しい車への乗り換えも実現かのうですね。




順位
一括査定サイトズバット車買取比較かんたん車査定ガイドカーセンサー.netカービュー
価格登録無料登録無料登録無料登録無料
簡単登録1分入力45秒入力90秒入力1分入力
評価 5/5

5/5
4/5

4/5

⇒詳しくはこちら⇒詳しくはこちら⇒詳しくはこちら⇒詳しくはこちら


車売却の口コミ・体験談

燃費が悪くなったので車を乗り換えることにしました

最近燃費が悪いなと感じていました。何とかならないかと思い、燃費向上の添加剤などを試しましたが大きな効果は現れませんでした。
乗っていたのは13年式の軽自動車で、走行距離も10万㎞を超えていて古くなってきていますし仕方ないのかなと思い、思い切って乗り換えをしました。車種は軽自動車のエコカーです。
最近の車は非常に良くなっています。
リッターで約30㎞も走行可能なので、私が以前乗っていた車よりも倍以上走ってくれます。
またパワーも全然違いました。グイグイ引っ張ってくれる感じがして乗り心地も快適です。
やはり車には寿命があります。特に軽自動車は10万㎞走ると不具合などが多くなってきます。
燃費などに不満を感じ始めたら車の乗り換えをおすすめします。

燃費をよくすることをいろいろ試したけどダメでした

燃費をよくすることをいろいろ試しましたが、若干の改善にしなかったので一括査定で高く売って買い替えました。
車を長い期間運転する上で重要視される燃費。自分の前に乗っていた車は、初年度登録が平成14年のトヨタのクラウンマジェスタでした。
中古で友人から譲り受けてから、1ヶ月にかかる燃料代は5万。燃費はリッター5キロ程でかなりのガソリンを消費していました。
しかし、クラウンマジェスタが好きだったので燃費を良くしようとタイヤの空気圧を上げてみたり、アクセルの踏み込みを抑えたりしましたが若干改善されるだけでした。
インターネットなどを見てもどう改善してもリッター10キロに届かないと分かると、買い替えを視野に入れ始めました。
結局、自分が知っている車を高く売る方法の、一括見積もりで売却し、今は燃費のいい軽自動車も考えましたがトヨタのプリウスに乗っています。

▲ページトップに戻る