外車を売るときに気をつけること、外車は高く売れない・高額売却が実現しにくいのをご存知ですか?

外車を売るときに気をつけること、外車は高く売れない・高額売却が実現しにくいのをご存知ですか?

外車を売るときに考えておきたいこと

高額売却を実現するために知っておきたい知識、また、新しく購入するときのために外車人気ランキングを紹介します。

外車人気ランキングトップ10

2016年度の年間の販売台数を見ると、

  • 10位がイタリアのコンパクトカーであるフィアット
  • 9位が知名度の高いポルシェ
  • 8位がフランスのプジョー
  • 7位が第二次世界大戦のころから製造されているアメリカのジープ
  • 6位が世界一安全な車と言われているボルボ

となっています

7位までのジープは1万台に届かず、国内シェア率もそれぞれ3%を切っていましたが、6位のボルボからは1万台を超え、シェア率も4%台となっています。

外車人気ランキング

  • 5位はドイツのMINI
  • 4位はドイツのアウディ
  • 3位はフォルクスワーゲン
  • 2位はBMW
  • 1位はメルセデスベンツ

となっています。

ここまでのランキングを見ると、
フェラーリの名前がありませんが、フェラーリは輸入新車登録台数において1000台も達しないような状態となっています。

ランキングも21位となっており、新車で購入するという人はまだ少ないのが現状ですが、中古レベルではまだまだ根強い人気があるのも事実です。

輸入車シェアの推移

2016年度の新車登録台数でトップ3だった、3位のフォルクスワーゲン、2位のBMW、1位のメルセデスベンツのシェアの推移ですが、前年度と比べてメルセデスベンツはシェア率はほとんど変わらず、22%台をキープしています。

2位のBMWも同様の傾向にあり、17%台に乗せていますが、3位のフォルクスワーゲンはシェア率を落としており、16%をなんとか維持していた形となっています。

とはいえ、3つの車種を合わせて半数以上のシェアを稼いでいるのが現実です。

都道府県別で輸入車の新車登録台数を見ると、東京が最も多く、神奈川、愛知、大阪と続きます。

一方登録台数の少ない都道府県を見ると、沖縄が最も少なく、島根、鳥取、高知の順です。

ただ、傾向としてどの都道府県も前年度より増加傾向にあるのは事実であり、最も伸びを見せた都道府県は茨城県となっており、20%近い伸びを見せています。

ただ、都市部の数字が全体の数字を大きく左右させているのは言うまでもありません。

輸入車シェア

外車が高く売れない3つの理由

高級外車というように、外車は高いというイメージがありますが、案外高く売れないというのが現実としてあります。

その理由には3つあります。

  • パーツ・部品が手に入りにくい
  • 壊れやすい
  • 修理費が高い

ポルシェ 売る

1つはパーツ・部品が手に入りにくく、アフターサービスを受けにくいというものです。

輸入車は故障が多い分、それだけパーツ・部品が必要となりますが、入手に時間がかかるのもネックです。

壊れやすいというのも理由としてあり、車に対する信頼はあまり高くなく、そうしたものが値段に直結しやすくなってしまいます。

最後に修理費の問題です。

パーツの入手だけで時間もお金もかかる他、工賃も結構かかり、しかも、実際にメンテナンスをしてくれるところも相当限られています。

故障のリスク、在庫のリスクを考えれば飛ぶように売れ、しかも高値というのは考えにくく、そうなると仕入れ値を安くすることになっても不思議はありません。

こうしたこともあるため、外車は高く売れず、特に正規ディーラーで入手したもの以外の輸入車はかなり苦戦します。

外車 高く売れない

フォルクスワーゲン不正問題も原因の1つ

外車に対する信用の失墜の原因として、フォルクスワーゲンの不正問題があります。

ディーゼル車の排ガス規制に引っかからないようにするため、不正なソフトを搭載し、ごまかしていたことが問題となりました。

軽油を燃料とするディーゼル車はヨーロッパで人気であるものの、排ガスという観点では環境に適さないため、排ガス規制が特に厳しいアメリカのテストをパスするために不正が行われました。その結果、世界中でリコールが行われる事態となっています。

日本ではリコールの対象となる車はなかったものの、フォルクスワーゲンに対する信用は大きく失墜し、シェアを落とし、3位に転落してしまうことになります。

こうした背景にはグローバル化による生産競争が原因とする声が大きく、それが質の低下につながったと言われています。

これによりフォルクスワーゲンは巨額の賠償金をアメリカに払うことになってしまい、この一件により、大きな影を落とすこととなりました。

メルセデスベンツ 売却

メルセデスベンツ、AMG、ポルシェ、アルピナなど外車売るなら外車王がおすすめ

外車を売る場合におすすめしたいのが外車王です。

外車王

外車に特化して買い取りを長年行っており、ヴィンテージカーやクラシックカーなども買い取りが可能であり、名義変更も必ず行い、名義変更手数料無料も外車王の強みです。

出張料無料であるため、出張査定も自由にすることができるようになっています。

買い取り額を提示し、それに納得すれば売買契約書を発行し、契約後に減額されるといったことを防ぐことが可能です。

ィンテージカーやクラシックカーなどは希少価値があり、相場は関係ないというのが外車王のスタンスであるため、そのような輸入車であっても高く買い取りをしてくれ、他の中古車販売業では安い値段の提示だったのにここでは驚くような提示額を示してくれるということもあります。

また、年式の古い車であっても大事に乗ってきたものであれば、それもまた査定において大きなプラスになるため、大事にしてきた人ほど外車王で売った方がお得と言えます。

外車王公式サイトはこちら
https://www.gaisha-oh.com/

外車王での会社売却体験談

メルセデスベンツを外車王で売却しました

2014年 メルセデスベンツに結婚するまで乗っていましたが、結婚を機に子供も生まれるためファミリーカーに買い替えることにしました。
なので、かなり苦渋の決断でしたが、2014年 メルセデスベンツを売ることにしました。できるだけ高額で売りたいと思っていたら、外車は外車王を利用すると高額な値段で売ることができると同僚が教えてくれました。
半信半疑でしたが、大手の中古車買取会社よりも20パーセント上乗せで外車王では買い取りをしてもらえることになり、本当に感謝です。おかげで買い替えの際に助かりました。
外車王公式サイトはこちら

ポルシェ 911ターボが思ったより高く売れました

20代の頃、若気の至りで買ったポルシェ 911ターボが車の維持費をキープするのが難しくなり、売ることを決めました。
その時利用したのが外車王という業者さんで、初めての車の売買でしたので、なるべく高く買ってもらおうと事前に下調べをし、依頼しました。
すると、他社で売る場合の相場を超える見積りを提示してくれました。また、査定時は足の悪い私を気遣い、家の中で待っててくださいと担当の方に言われて、とても感動しました。

外車コレクターの父の車を外車王に査定してもらいました

私の父が輸入車を集めるのが趣味で、遺品になってしまい場所にも困り売るために利用したのがこの外車王です。
まずは普通に電話で申し込み、自宅まで見に来てもらいました。
外車王では査定後の交渉が前提となっており、
提示された金額に上乗せしてお願いすると慣れた様子で交渉に応じてくれました。
私の場合は50分程度ですべて終わりました。
そして、金額に納得した時点で車を引きあげられお金も本当に口座に翌日に振り込まれていました。
全体としてメルセデスベンツ 500SLやAMG、ポルシェ・その他の希少価値もしっかり評価してくださりこれなら父も納得しているんじゃないかと思いとても満足でした。
概算を見積もってみる

アルピナ 売る

ポルシェ マカンを相場以上に売れました

ポルシェ マカンを売る事を前から決めていたのですが、なるべく高く売りたいですので、どこで売れば良いのか中々決め兼ねていたんですよね。
そこで、色々調べてみると外車王という所でしたら外車を高く買い取ってくれるみたいでしたので、そこで査定をしました。
すると、インターネットで言われているポルシェ マカンの買取相場よりも高い査定額を出していただきましたので、外車の方に売る事に決めました。
ほとんどが電話とメールだけのやり取りでしたので、楽だったのも良かったです。私が売却したのはこちら

フォルクスワーゲン ゴルフ売却体験談

家族4名の娘一家が近くのマンションに引っ越してきました。私共を入れて6名分の座席の車が必要な為購入して10年になるフォルクスワーゲンゴルフを売る事に決めました。
多くの買取業者の中から外車買取に実績の多い外車王を選びました。
アクションが早く電話したその日に担当者が来られました。担当の方はてきぱきと車をチェックされエンジンルームの点検も詳細に行われました。
提示された査定額は予想以上の額で有り大満足でした。口コミの続きはこちら

▲ページトップに戻る